『ジャスティス・リーグ』スーパーマン役ヘンリー・カヴィル、出演契約は「もう1本」 ― バットマン役ベン・アフレックの噂も

ワーナー・ブラザース/DCコミックス作品『マン・オブ・スティール』(2013)でクラーク・ケント/スーパーマンとしての初登場を果たしたヘンリー・カヴィルは、どうやらスーパーマンとしてもう1作登場することになりそうだ。
最新作『ジャスティス・リーグ』(2017年11月23日公開)のプロモーションにて、ヘンリーは今後の出演予定と自身のビジョンを語った。

「希望あふれた」スーパーマン映画への熱意

Los Angeles Timesの取材に応じたヘンリーは、自身のワーナー/DC作品への出演契約がもう1本残っていることを明らかにして、クラーク・ケント/スーパーマン役をいずれ再演することへの想いを述べている。


「スーパーマンの物語を描く、素晴らしい機会があるんですよ。今、スーパーマンを鮮やかな色彩で描いて、とても複雑な、キャラクター主導の映画を作るチャンスに恵まれています。(コミックの)ストーリーに基づいて、希望と幸福感にあふれた、心地よく、教訓の混ざった映画を作ります。」

こう語る背景には、ヘンリーが『ジャスティス・リーグ』で経験したジョス・ウェドンとの作業があるようだ。

「僕はいつも、コミックのスーパーマンの、伝統的でクラシックな描かれ方を楽しんできました。キャラクターにすごく複雑さがあると思うんです。ジョスと仕事をしたら、彼とスーパーマンの側面について考え方が一致しました。(スーパーマンは)希望のかがみであり、理想なんです。“すごい、スーパーマンがいる!”って思いましたよ。」

ただしワーナー/DCは、今のところ『マン・オブ・スティール』続編について公式に発表していない。『キングスマン』(2014)のマシュー・ヴォーン監督が交渉に参加したという情報もあるが、プロジェクトの進捗状況は不明だ。また『ジャスティス・リーグ』続編も非公式に製作が明かされているものの、公式発表はなされていないままである。果たしてヘンリーが次にスーパーマンを演じるのはいつ、どの作品になるのだろう?

バットマン役ベン・アフレックは?

ヘンリー・カヴィルがスーパーマン役として「もう1本」出演することを明かした一方で、今後の状況について諸説飛び交っているのが、ブルース・ウェイン/バットマン役のベン・アフレックだ。これまでメイン・キャラクターとしては『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)に登場したのみで、『ジャスティス・リーグ』は事実上2度目の登場となるわけだが、単独映画『ザ・バットマン(仮題)』に出演するかどうかは定かでない。

ベン・アフレック、バットマンからの引退を検討中?単独映画『ザ・バットマン』出演も不透明か

そんな中、ベン・アフレックがバットマン役を卒業する場合の後任者として噂されているのがジェイク・ギレンホールだ。米メディアでは、『ザ・バットマン』とジェイク・ギレンホールについてさらなる噂が浮上している。

 

米メディアの記者であるマリオ=フランシスコ・ロベルス氏が匿名の情報源から入手した話によると、ジェイクがバットマンを演じるという噂は「ほぼ間違いない」もので、『ザ・バットマン』は前日譚やリブートではなく『ジャスティス・リーグ』以降のストーリーになるという。あくまで噂にすぎないが、もしこれが事実なら、ベンからジェイクへと出演者の交代が行われることになるだろう。

しかしヘンリーが『マン・オブ・スティール』から合計4作品の出演契約を結んでいるのに対して、気になるのはベンがワーナー側とどれだけの契約を結んでいるのかということである。『ザ・バットマン』への出演が「検討中」なのだとしたら、契約は『バットマン vs スーパーマン』『スーサイド・スクワッド』(2016)、『ジャスティス・リーグ』の3本で一旦終わったということなのか、それとも登場が有力視されている『フラッシュポイント(原題:Flashpoint)』が最後になるということなのか……。

Sources: http://www.latimes.com/entertainment/movies/la-et-mn-superman-justice-league-henry-cavill-20171119-story.html
http://www.elfanboy.com/blog/el-fanboy-exclusive-details-about-matt-reeves-the-batman-starring-jake-gyllenhall
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19705103022/ )

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。