Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー バトルロイヤル』でハルクの「大きな変化」が始まる ―『アベンジャーズ』第4作で完結、マーク・ラファロが明かす

マーベル

2017年7月14~16日(現地時間)に開催されたディズニー・イベント「D23 Expo 2017」の会場にて、マーベル・シネマティック・ユニバース作品でブルース・バナー/ハルク役を演じているマーク・ラファロが、自身の演じる役柄に「多くの変化」があると語った。

映画情報サイト「ファンダンゴ」の記者であるエリック・デイヴィス氏は、ラファロとドン・チードル(ウォーマシン役)へのインタビューで『マイティ・ソー バトルロイヤル』から始まるという「ハルクの変化」に注目している。

「バナーとハルクには大きな変化がある。それは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では解決されず、2作目の『インフィニティ・ウォー』(編集部注:『アベンジャーズ』第4作のこと)で終わるんだ。驚くことがいっぱいあるよ。『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、バナーとハルクに起こる多くの変化の始まりだね」

ラファロの発言を整理すると、バナー/ハルクには“大きな変化”があり、それは『マイティ・ソー バトルロイヤル』で始まって『アベンジャーズ』第4作で終わるらしい。ピーター・パーカー/スパイダーマンに『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)から始まる5作品の物語が与えられているように、ハルクにも3作品からなるストーリーがあるということなのだろう。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、以前『インフィニティ・ウォー』が一部キャラクターの“最終章”になることを認めていた。「大きな変化」の結末で、バナー/ハルクの身にいったい何が起こるのか……。ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)との関係も含めて、どうやら穏やかではなさそうだ。

とはいえ観客からすれば、『マイティ・ソー バトルロイヤル』で惑星サカールにハルクがいること自体が大きな変化でありサプライズに違いない。こうなった以上もはや予測は不可能、劇場でその始まりを観るところから始めるしかなさそうだ。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より日米同時公開
なお『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。

Source: http://comicbook.com/marvel/2017/07/17/avengers-infinity-war-avengers-4-the-hulk-storyline/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly