『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にはCGキャラが大量に登場?ロケット役俳優が証言

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題:Avengers: Infinity War)』には、私たちの想像よりもはるかに多くのCGキャラが登場するかもしれない。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでロケット役のモーション・キャプチャーを務めているショーン・ガンの口から、なにやら意味深な発言が飛び出したのである。

ロンドンで開催された「ヒーローズ&ヴィランズ ファン・フェスタ」の会場にて、ショーンは映画メディア「MoviePilot」の取材を受けている。マーベルの徹底した秘密主義ゆえだろう、『インフィニティ・ウォー』の内容について詳細が語られることはなかったが、彼はロケット役として撮影に参加する感想をこう述べている。

「ロケット役の撮影プロセスは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にとてもよく似ているよ。どちらかというと(『インフィニティ・ウォー』の方が)さらに大変だな。だって、周りにはCGのキャラクターがたくさんいるんだからね。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』ではベビー・グルートがずっといたけど、あとは大半が実際の俳優と一緒だった。でも『インフィニティ・ウォー』では(グルートの)ほかにも数人のCGキャラクターとやり取りをしてるよ。撮影はちょっとだけ慎重になるね」

ヴィジョンはCGキャラに入りますか?

ショーンの発言から推測されるのは、『インフィニティ・ウォー』で“ロケットが直接やり取りをするCGキャラは数人”、しかし“登場するCGキャラはたくさん”ということだ。現在のところ、同作にはCGキャラとして、ロケット、グルートのほか、ジョシュ・ブローリン扮するサノスらが登場することが確定している。撮影現場ではサノスの部下らしき人物を演じる俳優がモーション・キャプチャー用のスーツを着用しているのが目撃されているが、こうしたキャラがかなり多いということだろう。

気になるのはヴィジョン(ポール・ベタニー)だが、彼の場合は緻密なメイクアップをCGで補正することでキャラクターが仕上げられている。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のガモーラ(ゾーイ・サルダナ)やネビュラ(カレン・ギラン)らも同様と思われるため、仮にロケットとヴィジョンが共演するとしても、ショーンがヴィジョンを「CGキャラ」に数えているとは考えづらい。では、アイアンマンやウォーマシンといった全身メカのヒーローはどうだろうか……。

ともあれ『インフィニティ・ウォー』では、これまでマーベル・シネマティック・ユニバースに登場してきたキャラのみならず、有名キャラが新たに加わることも示唆されている。詳細がいつ判明するかはわからない以上、CGで描かれるキャラが誰なのか、予想を精いっぱい広げてみるのも楽しそうだ。あなたはスクリーンで誰の姿を観てみたい?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日全米公開予定

目撃情報続々!『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ダラム大聖堂での撮影完了!アスガルドにトニー&フューリー&ロケットが登場?

Source: https://moviepilot.com/p/kraglin-avengers-infinity-war-guardians-of-the-galaxy-3/4282313
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/アベンジャーズ-MovieNEX-デジタルコピー-MovieNEXワールド-Blu-ray/dp/B00WLJO5D6/
© MARVEL

About the author

1989年生まれ。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはわかりづらいまま、少しだけわかりやすくしてお届けできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。