Menu
(0)

Search

『アイアンマン』第1作の脚本、マーベルが撮影現場で却下していた ─ ヴィラン役俳優「大混乱だった」と当時を振り返る

マーベル
※画像はイメージです。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の始まりとなったアイアンマン(2008)の製作当時、マーベル側が脚本に納得せず、撮影現場でシナリオを却下するという事件が起きていたことがわかった。アイアンモンガー/オバディア・ステイン役を演じたジェフ・ブリッジスが当時を振り返っている。

『アイアンマン』といえば、のちに『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)にも繋がるMCUの成功の鍵を握った記念すべき第1作。しかし2008年の公開当時にも、監督のジョン・ファヴローは「残念ながら脚本にきちんと目が向けられるのは作業の一番最後」と述べ、その他の準備に時間が取られたことを認めていた。それゆえ脚本が間に合わず、撮影と執筆を並行したり、時には即興であらゆるバージョンを撮ることもあると。当時、ファヴローは「だから大作映画らしからぬ自然な雰囲気になる」のだと説明していたが、今回のジェフの発言を聞くかぎり、どうやら撮影現場はかなりの緊張感だったようで……。

Vanity Fairのインタビューにて、ジェフはファヴローを「素晴らしい監督、最高のフィルムメーカー」と絶賛。アイアンマン/トニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jr.とともに、ふたりを「おそるべき“即興屋”」だと称えてみせた。

「私たちは数週間を脚本作業とリハーサルに費やしていたんです。それは私たち自身がオリジナルの脚本を好きになれなかったからで、“ここを直そう、あそこを直そう”と。そして撮影初日を迎えたんですが、マーベルは私たちが作った脚本を却下して、“まるで良くない、こっちでやってくれ”と。もう大混乱でしたよ、脚本はどうするのか、私たち(役者)は何を言えばいいのかと。」

マーベルから脚本を却下されたファヴローとロバート&ジェフは、控え室のトレーラーにこもり、数時間をかけて台詞を検討し、どうやって成立させるかを考えたという。時には監督のファヴローが知り合いの脚本家に電話をかけ、アイデアを求めることもあったとか。「その間、スタッフはセットの中で“いつ撮れるんだろう?”って待っていましたよ」とジェフは話している。

今でこそ笑いながら当時を振り返っているジェフだが、当時は「本当にイライラしていた」という。それでも大きなトラブルに発展せず、なんとか事なきを得たのは、ジェフが自分で「少しだけ考えを変えた」からだった。「自分に対して“リラックスしろ、2億ドルの学生を作ってると思え、楽しむんだ”と。それでもうまくいったのは、ふたりの素晴らしいアーティストと一緒だったから。最終的には即興のセッションでした」

公開から14年が経った現在、ジェフは『アイアンマン』を「もちろんバイアスはかかっているけれど、私にとってはマーベルの最高傑作。素晴らしい経験でした」とまで言っている。もっとも、最大の功労者はやはり監督のジョン・ファヴローだと考えているよう。「彼はスーツを扱い、また俳優も操れる脚本家。すべてができる素晴らしい人物です」と賛辞を送った。

あわせて読みたい

Sources: Vanity Fair, Super Hero Hype

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly