Menu
(0)

Search

マーベル・スタジオ、2代目アイアンマン「アイアンハート」映画化を企画中か ― 脚本は完成済み?

マーベル・スタジオが、トニー・スタークに次いでアイアンマンのスーツを着る“2代目アイアンマン”ことアイアンハートの映画化を進めている可能性が浮上した

アイアンマンの後継者となるアイアンハートの物語が発表されたのは2016年7月のこと。トニーがアイアンマンを引退し、彼をしのぐほどの頭脳を持つ15歳の天才少女リリ・ウィリアムズが、自ら作り上げたスーツでヒーローとなるのだ。その物語は2016年11月から米国で刊行された「Invincible Iron Man」に描かれている(当時の記事はこちらこちらをご参照いただければ幸いである)。

映画『アイアンハート』、脚本は完成済み?

火のないところに煙は立たない。アイアンハートの映画化企画についてささやかれた背景には、実は非常に有力な根拠があった。ハリウッドの未発表・未映画化脚本が選出される「ブラックリスト」に、『Ironheart(原題)』なる脚本が登録されたのである。

「ある若いアフリカ系アメリカ人の少女が人々への望みを失った時、彼女はトニー・スタークの助けを得て、スーパーヒーローになるため人生を捧げる。しかし彼女は、自分自身こそが最悪の敵であることを知らなかった」。このあらすじを読むかぎり、この脚本は明らかにマーベル・シネマティック・ユニバースのそれであろう。執筆したのはジャダ・ロドリゲスという名前の知られていない人物。しかし「ブラックリスト」のスタッフいわく、本作は「先週読んだなかで最高の一本」との出来栄えだったという。

この情報を受けて、米That Hashtag Showは、マーベル・スタジオが『アイアンハート』の企画を進めている可能性に言及している。なぜならアイアンハート、トニー・スタークというキャラクターはマーベルが権利を保有しているもので、勝手に映画化することはもちろんできないからだ。したがって、この脚本はマーベルの依頼を受けて執筆されたものではないかというのである。確かに筋は通っている…!

2019年公開『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』をもって、2008年『アイアンマン』に始まったマーベル・シネマティック・ユニバースの物語はいったん終わりを迎える。数人の出演者が“卒業”の意向を示すなか、アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.も同作をもって出演契約を満了するのだ(契約が更新されるかどうかは不明)。その後の展開は未知数だが、“ヒーローの世代交代”というコミックのストーリーを映画版が踏襲することは十分にありうるだろう。『ブラックパンサー』(2018)に天才少女シュリが登場した際、リリ・ウィリアムズを思わせるという声も少なからず聞かれていた。

2018年7月21日、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)やそのファンに大きな衝撃を与えるニュースが入ってきた。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(邦題未定、原題:Guardians of the Galaxy Vol.3)』を手がける予定だったジェームズ・ガン監督が、過去の発言を理由に同作から解雇されたのだ。同作は今後のMCUへの“橋渡し”とするものだったともいわれているため、今後の動向には一抹の不安がよぎる。

ジャダ・ロドリゲスという人物による『アイアンハート』の脚本は本当に映像化されるのか、そもそもこの脚本はどういう経緯で誕生したのか。詳細はわからないことだらけだが、今の状況においてこの知らせはファンにとっての希望となりうるものだろう。ポップカルチャーの世界は――もちろんそれ以外の世界も――常に明るい話題ばかりとは限らない。しかしそんな時こそ、未来の可能性にも少しだけ目を向けてみたい。そこには思わぬ展望が広がっているかもしれないのだ。

Source: The Black List, THS

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly