『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』サノス一味の新アート&『ブラックパンサー』新ポスター公開!

2017年7月22日(現地時間)、米国「サンディエゴ・コミコン2017」にて、マーベル・シネマティック・ユニバース作品『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』および『ブラックパンサー(原題:Black Panther)』の新ビジュアルが公開された。

『インフィニティ・ウォー』はサノスと手下であるブラック・オーダーが描かれた新たなコンセプトアート、また『ブラックパンサー』は新たなポスタービジュアルだ。前者はコミコン会場で配布されたものだが、後者は公式プロモーション素材として今後も活用されていくとみられる。きっと今後もあらゆる媒体で見る機会があるのではないだろうか。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』新コンセプトアート

前述の通り、本アートは『インフィニティ・ウォー』のメイン・ヴィランであるサノス(ジョシュ・ブローリン)と、その手下であるブラック・オーダーを描いたもの。このヴィラン軍団については、先日開催された「D23 Expo 2017」にてミニチュア・モデルがお披露目となり、また別のコンセプトアートも公開されている(詳細はこちらの記事をご覧いただきたい)。

なお今回、「サンディエゴ・コミコン2017」で公開されたアートも、「D23 Expo 2017」で公開されたものと同じくマーベル・スタジオのデザイナーであるライアン・マイナーディング氏の手によるものだ(上の投稿は氏自身のInstagram)。

『ブラックパンサー』新ポスタービジュアル

Check out the new #BlackPanther #SDCC poster that just debuted in Hall H!

Marvel Studiosさん(@marvelstudios)がシェアした投稿 –

『ブラックパンサー』は、2017年6月に主人公のティ・チャラ/ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)が王座に坐したビジュアルのポスターが公開されたばかり。今回マーベル・スタジオが公開した新ビジュアルは、物語の主人公よりも舞台となるワカンダにフォーカスされたものだ。

ティ・チャラ/ブラックパンサーが立っている豹の頭部を模した岩は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でも霧の中に浮かび上がった、いわばワカンダの象徴ともいうべきもの。広がる岩場のさらに眼下にはビル群の立ち並ぶ都市が広がり、その上空には高度に発達した科学技術を思わせる飛行艇(らしき物体)が飛んでいる。物語の舞台となる空間を支える要素が散りばめられた一枚だ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー
なお、『ブラックパンサー』は2018年2月16日に米国公開予定だ(日本公開日は未定)。

© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。