Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』キャプテン・アメリカとバッキーの再会はいかに演出されたか ― 『シビル・ウォー』以降の経緯

おそらくマーベル・シネマティック・ユニバースの観客にとって、映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーでのスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーの再会は非常に大きなものだっただろう。親友にして相棒だった二人は、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)以来はじめて、当時と同じ関係性で出会い直すのである。

二人が再会するシーンは、米国のTVスポットなどで劇場公開以前から時折アピールされてきた本編のハイライトだ。しかし劇中で、この再会がことのほかあっさりと描かれることに驚いた人も少なくないのではないだろうか。監督&脚本家チームは、この場面にまつわる製作エピソードを明かしている。

注意

この記事には、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。すでに作品を鑑賞された方向けの内容となりますのでご注意下さい。なお、このページをSNSにてシェア頂く際は、記事内容に触れないようお願い致します。

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』より ©Marvel Studios 写真:ゼータ イメージ

キャップ、バッキーの治療を把握していた?

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)に登場したバッキーは、ヒドラによる洗脳が完全に解けていない、まだ暗殺者としての精神が残った存在として登場した。物語の結末において、バッキーはしかるべき時まで、ワカンダの地にて冷凍睡眠に入ることとなる。

前日譚コミック“Marvel’s Avengers: Infinity War Prelude”には、その後のキャプテン・アメリカとバッキーの動向が描かれている
ワカンダ国王ティ・チャラの妹にして天才科学者のシュリは、バッキーに高度な生体スキャンを行い脳の分析を実施。バッキーの記憶や人格などを消去するのではなく、暗殺者としての側面を呼び覚ます言葉の影響のみを排除しようと試みている。映画『ブラックパンサー』(2018)のポストクレジットシーンでは、冷凍睡眠から目覚めたバッキーが「ホワイトウルフ」と呼ばれる様子が描かれた。
かたやキャプテン・アメリカは、中東に逃れて、ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウやサム・ウィルソン/ファルコンとともに反テロ活動に参加している。ここで重要なのは、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)でも言及されたように、彼が政治犯として追われる身になっていることだろう。

作り手たちが着目したのは、まさしくこの「逃亡者」という特徴だった。脚本家のスティーブン・マクフィーリーは、米Colliderのインタビューにて「2年のあいだ、ナターシャやサム、スティーブは反逆者でした。おそらく彼らにはワカンダに戻る理由があったと思います。そこに身を隠したり、また去っていったりね」と語っている。
またジョー監督は、米BUILDのインタビューにて「ストーリーに基づいてあらゆる判断を下していった」と明言。スティーブとバッキーの関係にも、『シビル・ウォー』からの2年間を反映させたことを明かしている。

「バッキーには治療のために十分な時間がありました。シュリは天才で、世界で一番賢いような人間ですから、長年誰も見つけられなかった治療方法を見つけたんですね。また逃亡生活を送っているスティーブは、シュリやティ・チャラと緊密に連絡を取りつづけていたはず。明らかに彼はどこかに隠れていたわけなので、何回かワカンダを訪れていたと思いますよ。そういうつもりであの(再会)シーンを演出しました。バッキーが目覚めてから、二人は初めて会ったわけではないんです。」

以前、脚本家のクリストファー・マルクスとスティーブンは、「映画で描けることをすべて書き出したら18時間ぶんになった」「逃亡中のスティーブたちを描く5時間の映画は作りたい、でもそれはできません」と語っていた。それゆえキャプテン・アメリカとバッキーの関係も必要最小限に抑えられ、その変遷は示唆される程度にとどまったというわけだ。

ちなみにColliderのインタビューにて、クリストファーはこんなジョークも交えつつコメントしている。

少なくともキャップはバッキーの治療の様子を知ってたと思いますよ。たぶんスカイプしてたんじゃないですかね。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Sources: Collider, BUILD, ComicBook.com(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly