Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で「お別れすることになる」 ─ 本当に「終わり」描く、ロバート・ダウニー・Jr.ら証言

ついに”最強の敵”が、”最悪の脅威”が現れる。…と言われたところで、観客はもうピンとこないかもしれない。映画の中では、”最強の敵”とか”最悪の脅威”と呼ばれるものがこれまで幾度となく地球を襲い、その度に(映画の中の)我々はドラマチックに救われてきた。世界滅亡のシナリオなど、年に数回は目撃しているのだ。

しかし、映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)は本当に世界を終わらせにかかってくるのかもしれない。少なくとも、観客がおよそ10年慣れ親しんだマーベル・シネマティック・ユニバースの世界を、だ。

「洒落になってない」

招かれざる終焉をもたらすのは、まさに”最強の敵”であるタイタンの帝王サノスである。予告編映像内では「宇宙にバランスをもたらすのに、楽しさなど考えない。だがこいつは…、どうも笑ってしまう」と桁違いのスケールを示唆したサノスによる脅威の深刻さは、アイアンマン/トニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jr.による表現をもってしていよいよ現実味を増していく。Entertaniment Weeklyのインタビューで答えている。

「本音を言うとね、”もうお終いだ!世界が終わる!これで永遠におしまいなんだ!”と言わせておいて…、終わりませんでした、っていう映画にはもう飽き飽きなんですよ。でも今作はそうじゃない(笑)。洒落になってない。首が飛ぶようなシナリオなんです。」

マーベル・シネマティック・ユニバースのファンにとって、『インフィニティ・ウォー』は近年最も楽しみな映画であるのと同時に、最も恐ろしい映画でもある。大好きなヒーローたちの、いずれかの運命が途絶えてしまうような悪寒がするのだ。『インフィニティ・ウォー』脚本のクリストファー・マーカスからも、ヒーローのうち何人かが去り、また何人かは犠牲となり、戦いに敗れることが示唆されている。クリストファーは『インフィニティ・ウォー』について、「お別れ、と言う事ができる」と伝えているのだ。

マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギも、『インフィニティ・ウォー』でひとつの「終わり」を迎えるという点を強く意識したという。同じくEntertainment Weeklyに向けてこう語っている。

「エンディングとか、フィナーレなんだという概念に、我々は大部分でとても惹かれていました。こういうジャンルでは、あまりお目にかかれるものではないですからね。」

2008年の『アイアンマン』第一作より始まったユニバースは、今まさにひとつの転換期を迎えようとしているのだろう。その皮切りとも言える『インフィニティ・ウォー』において、ロバート・ダウニー・Jr.は、「規則にならうのはやめて、“でも、こんなことをしたら、もう決定打だよね”ということをやっていく」という覚悟を明かしている。「それでいいんです。変化のために、決定打をやろう!

『インフィニティ・ウォー』予告編映像内のサノスによる「どれだけ足掻こうが、どうせ無駄なのだ。恐れ、逃げるが良い。それが運命なのだ」の言葉は、決して脅し文句ではないということだろう。マーベル・シネマティック・ユニバースにおけるいずれかの運命は、本当に終わってしまうのだろうか。2018年4月27日、全滅へのカウントダウンが始まる。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Source:EW(1,2

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly