『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』大スケールに出演者が驚嘆!「映画3本分」「1作目とは比較にならない」

マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のスケール感をいまさら説明するのは野暮というものだろう。『アイアンマン』(2008)に始まった10年間の総決算にして、一連のストーリーを一度終わらせるという本作では、過去に登場した60名以上の豪華出演者が一堂に会するというのだ。

観客としてもかつてないほどのお祭り騒ぎとなる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、そのプロジェクトやプロットの規模で出演者たちの度肝を抜いた。キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンのほか、なんと脚本の全貌を知るというドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチが、その驚くべきスケールに驚嘆の声を漏らしている。

「映画3本分」「『アベンジャーズ』1作目どころじゃない」


2017年夏、撮影現場で行われた米Entertainment Tonightによるインタビューで、スカーレット・ヨハンソンは「3本の映画に一気に出ているような感じ」と語った。予告編からも察せるように、大勢のキャラクターが入り乱れることになる本作では、それぞれの舞台でそれぞれのストーリーが展開されることになるようなのだ。

「この映画はプロット本位の作品で……すべてのピースが、複雑で入り組んだものの中でひとつにまとまるんです。すべてを明快にまとめることが、この映画の目的だと思うんですね。ですから、3本の映画が一気に展開しているかのように感じます。いろんな状況下でいろんなキャラクターと出会って、しかも全員が揃っちゃうんですから。」

このインタビューの時点で、ヨハンソンは「60人以上の出演者の、75%くらいとは一緒に仕事をしてません」と述べている。「彼らの演じるキャラクターは、(自分たちとは)また別の場所にいるわけですから」

 

また2012年、『アベンジャーズ』でヒーローたちが勢揃いした驚きを記憶している人も少なくはないだろう。『アイアンマン』シリーズ、『インクレディブル・ハルク』(2008)、『マイティ・ソー』(2011)、そして『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)という異なる趣向の作品群からヒーローが共演したのだ。
しかし、本作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はそれどころの騒ぎではない。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ、『アントマン』(2015)、『ドクター・ストレンジ』(2016)、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)、『ブラックパンサー』(2018)という、テイストもストーリーもバラバラな作品のヒーローたちが全員集合するのである。

こうした途方もない試みにただ感嘆するのは、マーベル・シネマティック・ユニバースの黎明期から携わるクリス・エヴァンスだ。

「(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は)とにかく、あらゆる異なった映画の集合体なんですよ。『アベンジャーズ』の1作目は楽しかったですが、集まったキャラクターたちの冒険が、それぞれ完全に独立していたわけではなかったでしょう。これはかつてない映画だと思いますよ。ありとあらゆるシリーズを集めて、本気でひとつのシチューを作ろうとするなんて。『アベンジャーズ』は確かに意欲的だった。でも本作とは比べ物になりません。」

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ウェブサイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Sources: ScreenRant, Comicbook.com

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。