『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』キャプテン・アメリカの仮説が否定される ― 監督「事実とは言わない、でも……」

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を手がけるジョー・ルッソ監督(アンソニー・ルッソ監督と共同)が、キャプテン・アメリカにまつわるファンの仮説を否定した。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレと捉えうる情報が含まれています。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

©Marvel Studios 写真:ゼータ イメージ

キャプテン・アメリカ=ノーマッド?

2017年7月、米国のイベントで『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告映像が公開されて以来、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカがひげをたくわえた姿で登場すること、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)を経て追われる身になっていることから、コミックファンの間ではひとつの仮説がささやかれていたのだ。
それは、『インフィニティ・ウォー』に登場するキャプテン・アメリカは、コミックに登場する「ノーマッド(Nomad)」になっているのではないか、というものだった。

「ノーマッド」とは、コミックにおいてスティーブ・ロジャースがアメリカ政府の腐敗に絶望した際、キャプテン・アメリカの名前を捨ててその代わりに名乗った名前だ。祖国という故郷を失った男として、彼はヒーロー活動を再開するのである。

これまで出演者たちは、この「キャプテン・アメリカ、ノーマッド化説」を裏付けるような振る舞いを続けてきたという。バッキー・バーンズ役のセバスチャン・スタンが『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)のポスターに“I’m Nomad.”なる書き込みを施したほか、キャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンスでさえ、ファンへのサインに“Cap”や“Nomad”と記していたようなのだ。

しかし2017年10月、ジョー・ルッソ監督は、米ESPN局のポッドキャスト“Fantasy Focus Football”にてこの仮説を否定している。

「(スティーブ・ロジャースへの)僕たちのアプローチは、新しい方向へ導くため、彼を解体してしまうということでした。つまり、キャプテン・アメリカというキャラクターは、その背後にあるテーマを抜きにして描けるものではないんです。だから、その問題に繋げていきたかったし、彼には組織の指揮系統について疑問を抱いてほしかった。」

 

こうしたテーマは、ルッソ監督が初めてキャプテン・アメリカを扱った映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』で真正面から描かれ、『シビル・ウォー』でより強調されていた。こうした一連の物語は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でさらに進展することになりそうだ。

「今後の『アベンジャーズ』で、彼は人間として、非常に個人的な道のりを行くことになります。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でノーマッドになるんじゃないかと推測している方がいますが、“いかにも、彼はノーマッドだ”とは言いませんよ。でも、その精神を体現する人物ではありますね。」

監督の言葉を信じるなら、キャプテン・アメリカは、そのビジュアルを変えながら、しかしキャプテン・アメリカとしてヒーローであり続けることになるのだろう。
ちなみにエヴァンスは、ヒゲをたくわえたキャプテン・アメリカの新たなビジュアルについて、「とても良かったですよ。物語や、彼が経験していることにふさわしくて」コメントしているが……これまた苦悩の続く戦いになりそうだ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。

Sources: https://marvelstudiosnews.com/2018/01/15/joe-russo-steve-rogers-isnt-nomad-avengers-infinity-war/
http://www.espn.com/espnradio/play?id=21000490
©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。