Menu
(0)

Search

ロバート・ダウニー・Jr.『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ラストを振り返る ─ 「なんて大変なことをしてしまったんだ」

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© Marvel Studios 2018

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のラスト、観客の心に深く刻まれたスパイダーマンとのシーンについて、トニー・スターク/アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.が振り返った。

2019年4月7日(米国時間)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の記者会見イベントにて、ロバートは撮影当時やその後の出来事について語っている。

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。

「なんて大変なことをしてしまったんだ」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のラストでは、6つのインフィニティ・ストーンを手中に収めたサノスの手によって、全宇宙の生命は半分に減らされてしまう。惑星タイタンでサノスとの戦いを繰り広げたヒーローたちも次々と塵のように消えていくのだ。ピーター・パーカー/スパイダーマンは、トニーに「気分が悪いよ」「行きたくない」と懸命に訴えるが、最後にはトニーの手から砂がこぼれ落ちるように姿を消してしまう。

記者会見でこのシーンの撮影について問われたロバートは、さすがマーベル・シネマティック・ユニバースきってのベテラン俳優である、いたって淡白に撮影を振り返った。「兄弟(アンソニー&ジョー・ルッソ監督)がいて、一回か二回くらい撮り直しました。撮影は素晴らしかったですが、それも普通の出来事ですから。みんなでランチに行きましたよ、それが映画なので」

むしろロバートにとって印象的だったのは、撮影そのものより、一人の少年と一緒に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を観た際の出来事だったという。

「だけど、あの場面を観た時のことを覚えてますよ。映画館に行けない、スコットランドの男の子と一緒に観たんですが、彼の反応には本当にやられてしまいました。だから、ケヴィン(・ファイギ/マーベル・スタジオ社長)がいつも言っているように、『エンドゲーム』ではサプライズと楽しい体験を期待してますよ。(『インフィニティ・ウォー』では)みんなが“ああ、なんて大変なことをしてしまったんだ”と思いましたからね。」




ちなみにロバートはこのように語りつつ、「観客はそういうものを好むんだと思います」とも述べている。「お客さんは本当に賢くて、20分前と同じジョークすら求めない。新しいものが必要なんです。ケヴィンとルッソはそのことを確かに証明していると思いますよ」。

スパイダーマンが消滅するシーンについては、トム・ホランドが内容のすべてを知らされないまま、ほぼ即興で演技を組み立てたという逸話が残されている。ジョー監督の指示を受け、トムいわく「即興演技の王様」であるロバートと二人で迫真の“結末”を作りあげたのだ。なおケヴィン社長によると、スパイダーマンの消滅シーンは『インフィニティ・ウォー』の撮影初日や2日目に撮られていたとか。俳優という仕事にただ敬意が湧く撮影秘話である……。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは発売中。『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

残念かわいいエピソードもどうぞ

Source: ComicBook.com, Superhero News, Empire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly