Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』マーベル社長、観客の阿鼻叫喚に大喜び ─ 「まさに求めていた反応だった」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』サノス
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成にして一大イベント、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)は全世界の観客に大きな衝撃を与えた。

同作の劇場公開から8ヶ月、そして続編『アベンジャーズ/エンドゲーム』の劇場公開を約4ヶ月後の2019年4月26日に控えた今、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が“すべての仕掛け人”としての感想を米Varietyにて語っている。

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL

観客の反応、マーベル・スタジオ社長の狙い通りだった

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、6つのインフィニティ・ストーンを集めて全宇宙の生命を半減させようと目論むサノスと、その計画を未然に防ぐため奔走するヒーローたちの戦いを描くストーリーだった。地球の内外、各地でヒーローはサノスと対峙するが、次々と集まっていくストーンによってサノスの能力は強くなる一方。とうとうサノスを止めることは叶わず、ワカンダの地にて全てのストーンがサノスのインフィニティ・ガントレットに収まってしまった。

サノスが指を鳴らすと、少しずつ世界に異変が起きはじめる。バッキー・バーンズを皮切りに、ブラックパンサーやスカーレット・ウィッチ、ファルコンらヒーローたちが次々と塵と消えていくのだ。惑星タイタンでも、スパイダーマンやドクター・ストレンジ、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々が消滅。ついにはニック・フューリーも塵となってしまった。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバースの大ファンであるほど、この結末と衝撃的な表現には唖然としたはずだ。世界中の観客が、ほとんど呆然としたまま劇場を放り出されてしまった。公開直後、SNSが阿鼻叫喚の声に包まれたのを覚えている方も多いだろう。しかしこうした様子を窺いつつ、こっそりほくそ笑んでいた人物がいる。ケヴィン・ファイギ社長だ。

「世界の『インフィニティ・ウォー』の受け止め方は素晴らしかったですね。まさに私たちが求めていたものでした。」

『インフィニティ・ウォー』そして続編『エンドゲーム』について、ケヴィン社長は「最も長いあいだ構想を温めていた映画」だと言い切っている。

「いつでも大切なのは約束を果たすことです。あの結末については長年の作業を続けていました。私が忘れなかったのは――これまで作ってきたすべての映画、そして今後作る多くの映画で――正義が勝つと、いつも“まあ予想できるよね、正義が勝つのは”って言われることなんです。面白いことでもありますよね。でも長い間、私はこんなふうに考え続けてきました。“じゃあ、正義が負けたらどうするの?”って。だって、その時が来ることはわかっていましたから。」

あえてこういう言い方をせねばなるまい。「ケヴィン・ファイギ、めちゃめちゃイジワルじゃないの」と。しかしこうした発想こそが、マーベル・シネマティック・ユニバースの10年間をサプライズに満ちたものにしてきたのであり、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』という映画をいわゆるイベント・ムービーの枠だけに収まらない作品へと押し上げたのだ。

『インフィニティ・ウォー』に対する全世界からの反応を、ケヴィン社長は「この上なく良かったですよ、最高のリアクションでしたね。ほんと最高だった」と振り返っている。もはや繰り返して言わねばなるまい。ケヴィン・ファイギ、めちゃめちゃイジワルじゃないの。

いわばユニバース始まって以来の必殺技を繰り出したケヴィン社長とアンソニー&ジョー・ルッソ監督は、現在『アベンジャーズ/エンドゲーム』の製作の大詰めに入っている。さて、次はどんな形で世界中の観客を驚かせるのか、そして今後は……?

「作品を届けるプレッシャーを感じているところです。期待に応え、予想を裏切ることへのプレッシャーですね。」

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは発売中。『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

Sources: Variety, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly