Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』各キャラクター登場時間の目安が判明

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL

ど、どうやって計ったんだ…!!
映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー本編における各キャラクター登場時間の目安が判明した。マーベル・シネマティック・ユニバースの映画全作品でキャラクターの登場時間を計測している米IMDbユーザーが「暫定版」として公開している。正式な情報はブルーレイ/DVDのリリース後になるとのことなので、あくまで目安としてご理解いただきたい。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。すでに作品を鑑賞された方向けの内容となりますのでご注意下さい。なお、このページをSNSにてシェア頂く際は、記事内容に触れないようお願い致します。

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL

まさか、そんなに出てなかったなんて…

このたび公開された登場時間の目安は、各キャラクターがスクリーンに映っている時間を対象としたもので、最大15秒間隔で計測されている。繰り返すが、あくまでこれは「暫定版」として発表されたものなので、正式版の公開はDVD/ブルーレイのリリースを待たれたい。

アンソニー&ジョー・ルッソ監督らが「サノスの映画」だと明言していたのはその通りで、登場時間の第1位はサノスの29分。本編が149分なので、全編の約5分の1にわたって登場していることになる。大勢が登場する『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』という一大群像劇においては圧倒的な数字だろう。
その後、第2位はサノスの娘として本編で重要な役割を担ったガモーラの19分30秒。第3位はトニー・スターク/アイアンマンの18分、第4位はソーの14分30秒、第5位はドクター・ストレンジの11分30秒と、本編で特に大きな活躍を見せたヒーローの名前が続く。

以下、登場時間のランキングをご確認いただきたい。

1. サノス(29分)
2. ガモーラ(19分30秒)
3. トニー・スターク/アイアンマン(18分)
4. ソー(14分30秒)
5. ドクター・ストレンジ(11分30秒)
6. ピーター・クイル/スター・ロード(10分15秒)
7. ヴィジョン(9分45秒)
8. ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(9分)
9. ブルース・バナー/ハルク(8分45秒)
10. ピーター・パーカー/スパイダーマン(7分30秒)
11. スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(6分45秒)
12. ロケット・ラクーン(6分)
13. ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(5分)
14. ドラックス(4分45秒)
14. マンティス(4分45秒)
15. エボニー・モウ(4分)
16. プロキシマ・ミッドナイト(3分45秒)
16. カル・オブシディアン(3分45秒)
17. コーヴァス・グレイヴ(3分30秒)
17. ティ・チャラ/ブラックパンサー(3分30秒)
18. グルート(3分15秒)
18. ネビュラ(3分15秒)
18. オコエ(3分15秒)
18. ロキ(3分15秒)
19. ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン(3分)
20. エイトリ(2分45秒)
20. ウォン(2分45秒)
21. サム・ウィルソン/ファルコン(2分15秒)
22. ジェームズ・“バッキー”・バーンズ/ウィンター・ソルジャー/ホワイトウルフ(2分)
23. ペッパー・ポッツ(1分30秒)
23. レッドスカル(1分30秒)
24. シュリ(1分)
24. エムバク(1分)
24. サディアス・“サンダーボルト”・ロス長官(1分)
24. ニック・フューリー(1分)
25. マリア・ヒル(45秒)
25. ヘイムダル(45秒)
25. タニリーア・ティヴァン/コレクター(45秒)
26. ネッド(15秒)

全体的に「そんなに短かったの…?」と思ってしまうところだが、とりわけ驚かされるのは『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』での出番増が示唆されているキャプテン・アメリカやブラック・ウィドウだろう。ワカンダの存在感が大きかったブラックパンサーは意外な出番の少なさだが、同時期に製作されていた『ブラックパンサー』(2018)と人物造形が噛み合わないことを避ける意図もあったのだろうか?

ご留意いただきたいのは、冒頭にも記した通り、本リストは登場時間が15秒単位で区切られているため、あくまで「目安」であることだ。詳細に検討していけば、同じランクのキャラクターでも若干のギャップがあるかもしれない。
しかしながらこうしてみると、いかにキャラクターを登場時間だけで判断できないかがわかるだろう。実時間と体感時間には、かくも大きな違いがあるのだ……。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Source: IMDb

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly