ドクター・ストレンジ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でどう変化する?単独映画から現在までをカンバーバッチ自身が解説

マーベル・シネマティック・ユニバースの集大成、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編において、数多のヒーローの中でも異質の存在感を発揮するのがベネディクト・カンバーバッチ扮するドクター・ストレンジだ。単独映画『ドクター・ストレンジ』(2016)、少ない出番で印象を残した『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)を経て、3度目の登場にしてこの貫禄。キャラクターとしての重要性が存分にうかがえるというものである。

では、単独映画の公開時にはトニー・スターク/アイアンマンと比較されて語られることも多かったスティーヴン・ストレンジは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』までにどんな変化を遂げたのだろうか? 英ロンドンでのプレミア・イベントにて、ベネディクト・カンバーバッチ本人が解説している。


『ドクター・ストレンジ』から『インフィニティ・ウォー』まで

ドクター・ストレンジにとって、アイアンマンやスパイダーマンといったヒーローとの本格タッグはかつてなかったこと。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でもストレンジの内面には変化が起こるとして、ベネディクトは「興味深い進化ですよ」と述べている。

「1作目(『ドクター・ストレンジ』)の最後、(ストレンジは)非常に陰のある人間だったと思います。未熟ながらも、真のヒーローであることとは、自分の望みや利己的なところを犠牲にして、もっと無欲になること、誰かの役に立つことなんだと考える。孤独な立場ですよね。クリスティーンの唯一の痕跡である時計を、そして窓の外を見た時、彼にはヒーローとしての顔が現れていたんです。」

その後のストレンジに起こった変化は、『マイティ・ソー バトルロイヤル』でソーやロキと対面した際にも見え隠れしている。「ソーを引っ張り回してましたよね」と語るベネディクトは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』におけるストレンジの役割がその延長線上にあることを示唆した。

「この映画でストレンジは、ほかのみんなと同じように、出来事のスピードによって常に不意を突かれるんです。危機が迫るし、事件や脅威は基本的に彼ら(ヒーローたち)を超えてくる。全員が生き残りのゲームに参加するようなものですね。
けれども彼は、少しだけ(全員の)先を行って、ある洞察をもって存在しているようなんです。そして、もう少し成熟した者であろうとする。1作目のように怒りっぽかったり、傲慢でナルシスティックではないんですが、それでもコメディの要素はありますよ。」

 

ストレンジといえば、闇の帝王サノスが狙うタイム・ストーンを所有している人物。それゆえに彼は「個人的な課題」にも挑まざるを得なくなるようだが、同時にその能力ゆえだろう、他のヒーローたちとは少し違う視線で出来事を捉えることにもなりそうだ。そういえばカンバーバッチは、演じる上で物語全体を把握する必要があるとして、脚本をすべて読むことが許されていたのである(製作上の秘密主義ゆえ、多くの出演者には認められていなかった)。

傲慢な医師だったスティーヴン・ストレンジは、その能力によってどんな活躍を見せ、ヒーローたちに何をもたらすのか? 巧妙にネタバレを回避するカンバーバッチのコメントからは、さらなる変化の可能性がありありとうかがえる。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Source: HUG

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。