【特集】ブラックパンサー、オコエ、シュリ ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』カギを握るワカンダの人々

2017年11月、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編が初めて公開された際、世界中のファンが驚いたに違いない。当時まだ公開されていなかった『ブラックパンサー』(2018)の舞台であるワカンダに、キャプテン・アメリカやハルク、ブラック・ウィドウといった大勢のヒーローが登場し、ブラックパンサーやワカンダの兵士たちと共演を果たしていたのだ。

その後公開された映像や情報からは、どうやらワカンダが本編で重要な意味を持ちそうなことや、若き国王ティ・チャラ/ブラックパンサーや親衛隊ドーラ・ミラージュの隊長オコエ、そしてティ・チャラの妹にしてトニー・スタークをしのぐ天才科学者シュリが大きな存在感を示すであろうことがわかってきた。
しかし物語の詳細が明かされていない以上、彼らが本作でどんな活躍を見せるのかは今ひとつ掴めないままだ。本記事では、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でワカンダに与えられた役割や、「チーム・ワカンダ」とも呼べそうな3人の動向に迫っていく。

注意

この記事では、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『ブラックパンサー』のネタバレ、および『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の内容に言及しています。

『シビル・ウォー』から『ブラックパンサー』

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で初登場したティ・チャラ/ブラックパンサーは、父親であり国王のティ・チャカをバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーが企てた(と思われていた)テロ事件で失い、復讐に燃えるキャラクターとして描かれていた。バッキーの身柄を追い、ブラックパンサーはトニー・スターク/アイアンマン側に付いてキャプテン・アメリカらと戦ったのである。しかし最後には、事件の真犯人だったヘルムート・ジモに生きて罪を償うよう求める。復讐が連鎖した末にヒーローが分裂する様子を目の当たりにし、彼はその連鎖を自分で止める決断をしたのだった。

つづく『ブラックパンサー』では、若き国王のこうした決断が、長きにわたって自国の真実を明かしてこなかったワカンダを変えることになる。希少資源ヴィブラニウムが豊富に採掘され、高い技術力を誇るワカンダは、かつて王族の一員がアメリカにもうけた“知られざる”王位継承権の持ち主エリック・キルモンガーから“復讐”を受けたのだ。自国の技術と資源を、苦しむ人々を守るべく攻撃に転用しようと考えたエリックに、ティ・チャラは真っ向から対立。戦いが終わった後、ティ・チャラは諸外国に真実を告げ、人々への援助を行うことを決定する。

ブラックパンサー

『ブラックパンサー』より ©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

そして『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』へ

では、なぜヒーローたちは開国まもないワカンダを目指したのだろうか? その問いへの回答として、アンソニー・ルッソ監督は「キャプテン・アメリカは、ヴィジョンをワカンダに連れてくるという決断を下すんです」述べる
史上最凶のヴィラン・サノスが求める6つのインフィニティ・ストーンのひとつ、マインド・ストーンを額に埋め込んだヴィジョンを守るため、地球側はワカンダを最後の砦として選ぶのだ。ワカンダは国外から真の姿を隠すことができるほか、長らく隠し通してきた資源や技術力、兵力をもつ。数多のヒーローがこの地に結集するのは、すべてサノスと対決するためなのだ……。スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカをティ・チャラらが出迎えるシーンは、そうした経緯の上に成り立っているのである。

国と王座を守るという使命を担う、親衛隊ドーラ・ミラージュの隊長オコエは、本作で新たなヒーローと出会い、未知なる存在との対決に臨むことになる。演じるダナイ・グリラは、今やワカンダとドーラ・ミラージュが大きな岐路に立っていることを解説した

「(ワカンダの)千年前の祖先が作った産業、伝統、儀式、組織は厳重に守られてきたもので、オコエもそれらを背負っている。国の機密情報や軍隊を任されていますからね。[中略]ドーラ・ミラージュには、王座を守らなければならないという責任もあります。
(『ブラックパンサー』を経て)彼女たちは、
国境を開き、自分たちが何者かを知らしめるという変化を経験しなければなりません。その準備ができている人たちもいますが、オコエはまだなんです。(ヒーローの来訪にも)慎重なんですよ。失敗しうることがどれだけあって、それらをどれだけコントロールできるのか、彼女は常に考えている。[中略]本能的に警戒しているし、不安なんです。ドーラ・ミラージュとしての使命は幼い頃から学んでいますし、オコエの使命はこの国を守ることですから。」

 

一方でティ・チャラの妹シュリは、『ブラックパンサー』でエヴェレット・ロスを治療する様子からもわかるように、おそらくワカンダを諸外国へ開くことに抵抗がなさそうだ。
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の前日譚コミック“Marvel’s Avengers: Infinity War Prelude”にて、シュリはヒドラがバッキーに施した洗脳の治療を試みている。バッキーの記憶をすべて消去してしまうのではなく、あくまで暗殺者としての側面を呼び覚ます言葉(『シビル・ウォー』参照)の影響だけを排除しようとするのだ(この方法をシュリは「再起動(reboot)」とも呼んでいる)。『ブラックパンサー』のポストクレジットシーンで登場したバッキーは、この治療を受け、完全に洗脳から回復した状態なのだろう。

なおマーベル・シネマティック・ユニバースに登場する天才科学者には、シュリ以外にもトニー・スターク/アイアンマンとブルース・バナー/ハルクがいる。本作で科学者トリオの出会いがあるかどうかは不明だが、シュリ役のレティーシャ・ライトは、もし対面した場合の話として「シュリは大丈夫だと思います(笑)。彼らから謙虚に学んで、ワカンダ発の新しいデザインやアイデアで挑戦するでしょうね。アメリカから学ぶのにも前向きですよ」話していた

ちなみに本稿では泣く泣く紹介を割愛したが、本作には『ブラックパンサー』で美味しい役回りをかっさらっていったエムバク(ウィンストン・デューク)も登場。こちらもどんな戦いぶりを見せてくれるのか、ぜひ楽しみにしておこう。

チャドウィック・ボーズマン、ダナイ・グリラ、レティーシャ・ライト

[左]https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28635126335/ [中]https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14587576837/ [右]https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35852207790/ All Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

ブラックパンサー役のチャドウィック・ボーズマン(写真左)は1977年生まれ。2003年よりテレビドラマなどで活躍してきた彼の初主演映画は『42 ~世界を変えた男~』(2013)。同作でアフリカ系米国人初のメジャーリーガーであるジャッキー・ロビンソン役を演じたのち、『ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~』(2014)、『マーシャル 法廷を変えた男』(2017)で実在人物を次々に務めている。そのかたわら、『キング・オブ・エジプト』(2016)や社会派スリラー映画『キングのメッセージ』(2017)にも出演。幅広いジャンルで培われた演技力で、今後のブラックパンサー役にもさらなる期待が寄せられている。

オコエ役で激しいアクションと真顔のユーモアを披露したダナイ・グリラ(写真中)は、1978年に生まれ、2000年代から舞台で劇作家としてキャリアをスタートさせた。俳優業でも高い評価を受けた彼女は、映画『扉をたたく人』(2007)で賞レースに参戦し、ドラマ『ウォーキング・デッド』(2012-)では主要人物であるミショーン役を演じて人気を獲得。『オール・アイズ・オン・ミー』(2017)などスクリーンでも活躍している。現在も劇作家と女優の両面で活躍する、マルチな才能の持ち主だ。

16歳のシュリを演じるレティーシャ・ライト(写真右)は、2018年4月現在、1993年生まれの24歳。南アメリカ生まれ、イギリスを拠点に活動している。2011年より女優活動を始め、2015年にドラマ『ドクター・フー』へゲスト出演したほか、『ヒューマンズ』シーズン2(2016)や『ブラック・ミラー』シーズン4(2017)に登場。『ブラックパンサー』のほか、リーアム・ニーソン主演『トレイン・ミッション』(2018)やスティーヴン・スピルバーグ監督作品『レディ・プレイヤー1』(2018)、そして『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と大作映画への出演が相次いでいる。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • Yasuhito KODAMA 2018年4月27日 at 11:56 AM

    初投稿失礼します。

    <『シビル・ウォー』から『ブラックパンサー』>
    の冒頭、作品タイトルに誤りがあります。


    『シビル・ウォー/ブラックパンサー』(2016)


    『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)

    以上、宜しくお願い致します。

    Reply
    • 稲垣 貴俊 2018年4月27日 at 12:43 PM

      Yasuhito KODAMA様

      THE RIVER編集部 稲垣です。
      このたびはタイトル表記に関する誤植のご指摘をありがとうございました。
      速やかに訂正させていただきましたことをご報告させていただきます。
      コメントを頂戴しましたこと、深く感謝申し上げます。
      今後とも、THE RIVERを何卒よろしくお願いいたします。

      Reply
      • Yasuhito KODAMA 2018年4月28日 at 11:28 AM

        稲垣 貴俊様
        いつも楽しみに拝読させて頂いております。
        この度は突然の投稿失礼致しました。
        早急にご対応頂きありがとうございました。

        Reply