Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』VFXスタッフはいかに物語の秘密を守ったか?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)は、劇場公開から数ヶ月が経過した現在(2018年8月)こそ内容が語られやすい状況となったが、公開直後は“空前のネタバレ禁止令”が発令されていた作品である。なにせマーベル・スタジオはストーリーが外部に漏れないよう、その全貌を一部の関係者にしか知らせず、出演者にも偽の脚本を配ったほどだったのだ。

では、ヒーロー映画になくてはならないVFXの制作スタッフに対して、マーベル・スタジオはどのような対策を採ったのだろうか? 米ScreenRantのインタビューでは、その制作システムが明らかになっている。

シーンごとに制作会社を分割

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でVFXスーパーバイザーを務めたダン・デリーウ氏は、制作スタッフの中でも数少ない“映画の全貌を知っていた人物”だ。ダン氏はストーリーの秘密を守り抜くため、多くの制作会社が携わった本作の作業においては、あるルールを決めておいたという。

「いろいろな(VFXの)制作会社が関わる際には、秘密を守るため、(本編の)シーンにもとづいて作業をすることにしていました。それぞれの制作会社は自分たちの担当するシーンで何が起こるかを知っていましたが、ほかのシーンで何が起こるのかは必ずしもわかっていなかったんです。」

この作り方は、俳優たちが自らの出演シーン以外をほとんど把握していなかった(スパイダーマン役のトム・ホランドに至っては自分の出演シーンすらはっきり把握していなかった)のと同じ発想だろう。それぞれが十分なパフォーマンスを発揮できるだけの情報を与えることで、映画全体のクオリティは落とさず、しかしストーリーの秘密は守ることができるのである。

「Framestore(編注:英国の制作会社)は、ニューヨークの戦闘でスパイダーマンやマーク・ラファロ(ブルース・バナー)、アイアンマン、エボニー・モー、カル・オブシディアンがどうなるかを知っていました。でもそのほかの場面で何が起こるのかは全く知らなかったんです。(情報は)知る必要に応じて、ですから。
でも、ヴォーミアのシーンを作ったDigital Domain(編注:米国の制作会社)は、ヴォーミアでガモーラに何が起こるかをちゃんと知ってましたよ。彼らはラストのソーのシーンも少しだけ作業していますしね。」

ひとつの制作会社がヴォーミアのシーンやラストシーンを担当したという証言からは、本編のカギを握る重要なシーンはあえて必要以上に分散させず、ひとつの制作会社に任せるというスタンスがうかがえる。工夫を凝らした分業制によって、“ネタバレ厳禁”の物語が外部に漏れることは防がれたのだ。おそらく『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に携わった制作会社は、2018年8月現在、同じ方法をもって『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)のVFXに関わっているとみられる。さて、次はどんな秘密が……?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは2018年9月5日発売。『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は2019年5月3日に米国公開予定だ。

Source: SR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly