Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ワカンダの役割が判明 ― 豪華ヒーロー再会、マーベル社長も重大証言

映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの予告編には、『ブラックパンサー』で登場したティ・チャラ/ブラックパンサーの故郷ワカンダが大々的に登場した。なぜワカンダにキャプテン・アメリカやブラック・ウィドウ、ハルクらが集まっているのか、なぜ大勢の群衆が激突しているのか……。ストーリーが謎に包まれている以上、その真相はわからないままだった。

映画の公開まで2ヶ月を切った現在、米Entertainment Weekly誌では、ワカンダに託された物語上の役割や詳細がついに明かされている。記事の性質上、重要な情報を含む作品内容に踏み込むことになるので、事前に情報を入れたくない方は十分にご注意いただきたい。

注意

この記事では、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の内容、および『ブラックパンサー』のネタバレが含まれています。

ブラックパンサー
『ブラックパンサー』(2018)より ©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

―――

――

キャプテン・アメリカ&ソー再会、クライマックスはワカンダで

『ブラックパンサー』の劇場公開以前、マーベル・シネマティック・ユニバースの熱心な観客たちは、その舞台であるワカンダに“最後のインフィニティ・ストーン”ソウル・ストーンがあると信じて疑わなかった。
闇の帝王サノスが探し求める6つのストーンのうち、ソウル・ストーン以外は登場済み。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を直前に控えた『ブラックパンサー』で、ついにソウル・ストーンのありかが判明するに違いない……そんな予想はあっさりと覆される。ソウル・ストーンは本編にまったく登場しなかったのだ。それでは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編で、ヒーローたちはなぜワカンダに集まっているのか?

「キャップは、ヴィジョンをワカンダに連れてくるという決断を下すんです」。こう述べるのは本作の監督であるアンソニー・ルッソだ。マインド・ストーンを額に埋め込んでいるヴィジョンを守ることは人類にとって喫緊の課題。地球側は、ワカンダをストーンを守るための「最後の砦」として考えたのだという。

米Entertainment Weekly誌は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の撮影現場に潜入し、予告編にもみられるワカンダでの戦闘シーンについて報告している。そこではソーとキャプテン・アメリカが久々の再会を果たし、それぞれ新しい武器を手にしているというのだ。
キャプテン・アメリカの愛用していた盾は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で失われたが、その手には、ティ・チャラの妹シュリが作ったヴィブラニウム製のガントレットが装着されている。かたや『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でハンマーを破壊されたソーは、魔法の斧ストームブレイカーを操って戦闘に臨むことになるそうだ。

予告編にソーの姿はなかったが、やはりこの場面には複数のキャラクターがまだまだ登場する。同誌によればワカンダでは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのロケット・ラクーンが、バッキー・バーンズや親衛隊ドーラ・ミラージュのリーダー、オコエと対面を果たすことになるそうだ。そういえばファルコン役のアンソニー・マッキーは、ワカンダのシーンにトム・ホランド(スパイダーマン役)とデイヴ・バウティスタ(ドラックス役)が参加していたことを以前うっかり喋っていた……。

ワカンダの首都を遠くにのぞむ広い大地で、キャプテン・アメリカやソーをはじめとしたヒーロー、そしてワカンダの戦士たちは、「アウトライダーズ」と呼ばれる“人造エイリアン”の大群と激突。戦闘の全貌はやはり明らかになっていないが、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、映画の第三幕(編注:三幕構成の最終幕。映画のクライマックス)がすべてワカンダで展開することを明かしている。すなわち、『インフィニティ・ウォー』のストーリーはすべてワカンダに向けて集約されていくわけだ。
それならば、予告編の大乱戦はヴィジョン=マインド・ストーンをめぐって行われるのか、それともさらなる展開を経てのアクションシーンとなるのか。いずれにせよ、クライマックスがワカンダであることを事前にバラしても問題ないほどのサプライズが用意されていることは確かだろう。

ちなみにEntertainment Weekly誌は、撮影現場にて、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスとソー役のクリス・ヘムズワースが、再会シーンでお互いの容姿にコメントするという演技を相談していたと記している。今やキャップが長髪にヒゲをたくわえ、ソーは短髪だ。
記事によれば、エヴァンスは、アウトライダーズをぶん殴りながら「ショートヘアにしたのか?似合ってるぞ」と口にする演技を提案。ヘムズワースは「お前もだ。ヒゲ、超イカツい」とコメントするプランを提案したそうだ。ただし、このやり取りが本編に残っているかどうかは不明。結果は映画館で確かめてほしい……!

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

Source: EW(1, 2
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly