『スーサイド・スクワッド』ジョーカーのスピンオフ映画が企画進行中 ― ジャレッド・レト主演、既報『ザ・ジョーカー』とは別作品

さすがに混乱してきた……。
ワーナー・ブラザース&DCコミックスが、スーサイド・スクワッド』(2016)でジャレッド・レトが演じたジョーカーの単独映画(タイトル未定)を企画しているという。米Variety誌ほか複数のメディアが報じた。

報道によれば、このたび伝えられたジョーカーの単独映画は『スーサイド・スクワッド』のスピンオフ作品であり、将来的に同シリーズと繋がるものになるという。ジャレッドはジョーカー役で主演を務めるほか、製作総指揮(エグゼクティブ・プロデューサー)も兼任する。企画は初期段階であり、作品の内容は明らかになっていないほか、2018年6月時点で脚本家や監督は決まっていないとのこと。米The Hollywood Reporter誌は、ワーナーが脚本家の検討に力を入れていることを報じている。


しかし、なぜジョーカーの単独映画が作られることが「混乱」を招くのか?
その理由は、ワーナー&DCが単独映画『ザ・ジョーカー(仮題)』を製作することがすでに報じられているためだ。こちらはジョーカーのオリジンを描く「犯罪映画」だというが、『スーサイド・スクワッド』を含むDC映画ユニバースとは世界観を共有しない予定。すなわちジョーカーというキャラクターの単独映画ながら、登場するのはジャレッド演じるジョーカーとは別人なのだ。監督・脚本は『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップスで、ジョーカー役にはホアキン・フェニックスが出演交渉に入ったことが伝えられている。むろん、こちらの企画も依然として進行中だという。

『ザ・ジョーカー』の製作が判明した際、ファンの懸念を先読みしてか、報道では「決してジャレッド版ジョーカーが終わるわけではない」と繰り返し強調されていた。しかしジャレッド版ジョーカーにも単独映画が作られるとなれば、状況は複雑化を極めていると言わざるをえないだろう。事実、ジャレッドすら『ザ・ジョーカー』の製作を知って「ちょっと混乱してます」とコメントしていたのだ。

 

現在、ワーナー&DCは『スーサイド・スクワッド』やジョーカー&ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)にまつわる作品を多数計画している。続編映画『スーサイド・スクワッド2(仮題)』は2018年内の撮影開始をめざして企画が進められてきたが、ハーレイのスピンオフ映画『バーズ・オブ・プレイ(邦題未定、原題:Bird of Prey)』が先に撮影されるとのこと。同じくハーレイのスピンオフ作品『ゴッサム・シティ・サイレンズ(邦題未定、原題:Gotham City Sirens)』は動向不明だが、ハーレイ&ジョーカーのコンビを描くスピンオフ映画も存在する。ここにジャレッド主演のジョーカー単独映画が加わったほか、別ユニバースには『ザ・ジョーカー』も存在するわけだ。全部完成するころには西暦何年になっていることやら……。

なお、ジャレッド・レト版ジョーカーの単独映画が『スーサイド・スクワッド2』より先に製作されるのか、その後の製作となるのかは不明。

Sources: Variety, THR, Deadline
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。