単独映画『ジョーカー』にジャレッド・レトが「ちょっと混乱してる」 ― 優しい口調で大人のコメント

ワーナー・ブラザース/DCコミックスが発表した、“犯罪王子”ジョーカーの起源を描く単独映画『ザ・ジョーカー(仮題)』は少なからずファンを困惑させた。なぜならDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)には、すでに『スーサイド・スクワッド』(2016)で初登場したジャレッド・レトのジョーカーが存在するからだ。

実際のところ、『ザ・ジョーカー』はDCエクステンデッド・ユニバースには属さない独立した新シリーズの一本になるという。ジャレッドは『ザ・ジョーカー』に関与せず、新たな俳優がキャスティングされるというのだ。しかしDCEUではジャレッドが今後もジョーカーを演じる予定で……とにかく一般層の観客にとってはこれほどややこしいこともないだろう。

しかしこの事態を複雑に受け止めているのは、ファンよりも内部の関係者、とりわけ自分が卒業する前から“次のジョーカー”が登場することになってしまったジャレッド・レトだろう。一部ではワーナーに不快感を示しているとも報じられた彼が、いよいよ公にコメントを発表している。

優しい口調、大人のコメント

ゲーム『Destiny 2』のイベントに登場したジャレッドは、インタビューにてジョーカー役についての質問を受けている。
単独映画『ザ・ジョーカー』の存在と、今後もジャレッドがジョーカーを演じることについて「ちょっと混乱しますね」と言及したインタビュアーに対して、ジャレッドはこう答えたのだ。

「うん、そうですよね。僕もちょっと混乱してます。DCの世界ではいくつかの出来事が起きてるんですね。」

時にやや激しい言動を見せることもあるジャレッドだが、このインタビューでは穏やかな口調で、淡々とジョーカー役について話している。

「僕はジョーカーが大好きですよ。最高のキャラクターで、演じていて本当に楽しいんです。でも(DCは)大きなユニバースだし、ジョーカーを演じていてもその所有権があるわけじゃない。少しの間だけバトンを持ってて、のちに誰かへ渡せることは光栄ですよ。いま作られている映画で、どんなものが観られるのか楽しみにしています。」

『スーサイド・スクワッド』以降、ジャレッドがジョーカー役を演じるかどうかには様々な噂が流されてきた。しかし先日、ジョーカー役を今後も続投することが本人の口から語られたばかり。“ジョーカー役が一時的なもの”であるにせよ、その交代がいつになるのかを今から推測するのは早計だろう。なにせジョーカーは、『スーサイド・スクワッド2(仮題)』や『ゴッサム・シティ・サイレンズ(仮題)』、そしてハーレイ・クインとのスピンオフ映画に登場する予定なのだ。

ただしジャレッドも戸惑いを隠していないように、単独映画『ザ・ジョーカー』は将来的な混乱を十分に招きうるものだ。詳細の明かされていない「新シリーズ」はDCEUといかに差別化されるのか、そのことがどれだけわかりやすく打ち出されるのか……。ワーナーの手腕が問われるところだといってもいいだろう。キャスティングも含めて、今後の情報を引き続き注視していきたい。

Source: https://batman-news.com/2017/09/06/jared-leto-confirms-joker-movies/
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=li9WxVM20TM 動画サムネイル

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。