DC映画『ジョーカー&ハーレイ・クイン』企画進行中!ジャレッド・レト&マーゴット・ロビーが復帰へ、監督もまもなく決定

ワーナー・ブラザース/DCコミックスは、『スーサイド・スクワッド』(2016)で高い人気を獲得したジョーカー&ハーレイ・クインのスピンオフ映画を製作する準備を進めているようだ。米ハリウッド・レポーター誌が報じている。

2017年7月、映画情報サイトScreenRantがハーレイ・クインとジョーカーを主役とした映画の企画が存在するとスクープしていた。しかし当時は情報の信憑性が定かではなく、また続報もそれ以降は聞かれなかったのである。

スーサイド・スクワッド

SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and c DC Comics. c 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

ハリウッド・レポーター誌によると、ジョーカー&ハーレイ・クインのスピンオフ映画のタイトルは未定。『スーサイド・スクワッド』につづき、ジョーカー役のジャレッド・レトとハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビーが復帰するという。
情報源の人物によると、本作は「ぶっ飛んだ、ひねりの利いた」「クライム・ラブ・ストーリー」を目指しており、なんでも「クスリをキメた『恋人たちの予感』(1989)」のような映画になるとか……。

脚本・監督には、『フィリップ、きみを愛してる!』(2009)『ラブ・アゲイン』(2011)などを手がけたグレン・フィカーラ&ジョン・レクアが就任する見込み。2015年の監督作品『フォーカス』(2015)ではマーゴット・ロビーともタッグを組んだ2人組である。現在、ワーナーとの契約交渉が最終段階に入っているということだ。

また本作は『スーサイド・スクワッド』続編の完成後に製作される予定。ただし『スーサイド・スクワッド』続編は2018年内の撮影を目指しながらも未だ監督が決まっておらず、急ピッチで準備が進められている状況だ。本作の製作および公開は当面先になりそうだが、ワーナーは俳優との出演契約を先行して進めておく算段だったという。

すでにジャレッド・レトは『スーサイド・スクワッド』続編とハーレイ・クインのスピンオフ作品『ゴッサム・シティ・サイレンズ(仮題)』の2本に出演するとみられていた。ここに二人揃ってのスピンオフが加わると、きっとジョーカー&ハーレイの存在感は今後いやおうなしに高まっていくことになるだろう。
ちなみに先日判明した単独映画『ザ・ジョーカー(仮題)』は、本作と並行するかたちでプロジェクトが進行するとのことだ。とはいえ、もしも公開時期が近いと混乱を招くことになりそうだが……。

映画『スーサイド・スクワッド』のブルーレイ&DVDは現在発売中。

Source:?http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/joker-harley-quinn-movie-scores-crazy-stupid-love-filmmakers-write-direct-1032210
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and c DC Comics. c 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。