Menu
(0)

Search

『モービウス』ジャレッド・レト、「マーベル映画がなかったら映画館が存在するかわからない」─ コミック映画への感謝も

ジャレッド・レト
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28316589680/

『ダラス・バイヤーズ・クラブ』(2013)にてアカデミー賞助演男優賞に輝いたほか、『スーサイド・スクワッド』(2016)ではジョーカー役を怪演し、『ハウス・オブ・グッチ』(2021)ではパオロ・グッチ役として別人のような姿と化すなど、映画界の最前線に立ちつづけるジャレッド・レト。次回作としては、ソニー・ピクチャーズによるマーベル映画、『モービウス』(2022年4月1日公開)が待機中だが、どうやら映画館への危機感を感じていることがあるようだ。

映画業界は現在、コロナ禍の影響をはじめ、NetflixやDisney+などといったストリーミングサービスの勢いが世界中で加速していることから、劇場に足を運ぶ人々は減少傾向にある。もちろん国や作品の規模によって状況はさまざまであり、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)のように、コロナ禍の影響を感じさせないほどの興行収入を記録した作品も中には存在する

この度、Varietyのインタビューにてジャレッド・レトは、「マーベル映画がなかったら、映画館が存在するかどうかはわかりません」と持論を展開した上で、「みんなのためのスペースがないように感じてしまい、少し胸が張り裂けるような思いになってきています」と吐露している。映画館という場所が、マーベルだけでなくあらゆるジャンルの作品が公開される場所であってほしいということだろう。DCやマーベルをはじめアートやインディペンデントなど、さまざまな規模の作品を経験してきたからこその重みを感じさせる言葉だ。

マーベルをはじめとするスーパーヒーロー映画に対して、マーティン・スコセッシリドリー・スコットジェームズ・キャメロンフランシス・フォード・コッポラなどの巨匠監督たちが厳しい意見を発言しているが、レトは決して否定的というわけではない。むしろ、「シネマを存続させてくれていることに感謝しています」という。

なお、映画館で働いていたこともあるというシネフィルのレトは、「子供の頃、映画館に行くことがどれだけ大切なことだったかを私は知っています」としながら、「その文化的な体験は、とても有益で影響力がありました。映画館で観た映画が私の人生を変えたのです」と、あらためて映画館の大切さを訴えている。

Source:Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly