Menu
(0)

Search

ジョン・ウィリアムズ、『スター・ウォーズ エピソード9』作曲を2019年夏に開始へ

スター・ウォーズ/エピソード9

『スター・ウォーズ』シリーズの重鎮作曲家ジョン・ウィリアムズは、次回作『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』の作曲を2019年夏に開始する見込みのようだ。ジョンの友人である音楽プロデューサーのマイク・マテッシノ氏が明かしている。

2018年10月、ジョンは自身の記念コンサートへの出演を急病のためキャンセルし、その後、体調は回復傾向にあると伝えられていた。マイク氏によると、現在ジョンの体調は良い状態にあり、先日は女優のジニー・マンシーニが主催したパーティーに出席したという。

今回の情報では、2019年1月18日現在、ジョンは『スター・ウォーズ エピソード9』の作曲に着手していないとのこと。作業は夏まで開始されず、スケジュールの調整中だという。同作の撮影は2018年8月から開始されており、現在も進行中。フィン役のジョン・ボイエガは作品の山場と思しきシーンの撮影を終えたことを報告していた。劇場公開まで1年を切り、いよいよ制作は後半戦に突入していくとみられる。

なお、ジョンは『スター・ウォーズ』メイン・サーガのほか、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)のテーマ曲や、米ディズニーランドにオープンするテーマパーク「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ(Star Wars: Galaxy’s Edge)」の楽曲も書き下ろしている。ジョンによる音楽は『スター・ウォーズ』の世界観を支える礎ともいうべきものだが、本人は『エピソード9』をもって『スター・ウォーズ』を卒業する意向だ。

スカイウォーカー・サーガの最終作となる『エピソード9』では、『フォースの覚醒』(2015)のJ・J・エイブラムスが脚本・監督を務める。出演者にはデイジー・リドリーやジョン・ボイエガ、アダム・ドライバーほか新3部作のレギュラーキャストが再集結。ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、ランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムズ、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズも出演するほか、レイア・オーガナ役の故キャリー・フィッシャーは過去の未公開映像で登場する。

映画『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』は2019年12月20日に米国公開予定

Sources: FSM, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly