Menu
(0)

Search

DC映画『ザ・ジョーカー』まもなく脚本完成?早ければ2018年の撮影開始か

DCコミックス

ワーナー・ブラザース社とDCコミックスが進行している、新たなDC映画『ザ・ジョーカー(仮題)』の情報が入ってきた。2017年9月20日(現地時間)、米バラエティ誌の記者であるジャスティン・クロール氏が自身のTwitterにて報じている。

クロール氏が入手した情報によると、『ザ・ジョーカー』の脚本は来週(2017年9月24~30日か)にも完成するという。こうした動きを鑑みるに、本作は早ければ2018年にも撮影が始まると予想されるようだ。製作の第一報が伝えられてから約1ヶ月、なにやら急ピッチで製作が進行しているように思われる。

DCコミックスの有名ヴィラン、ジョーカーのオリジン・ストーリーを描くという『ザ・ジョーカー』は、ワーナー/DCが展開しているDCエクステンデッド・ユニバースとは別路線の作品となり、『スーサイド・スクワッド』(2016)でジョーカーを演じたジャレッド・レトは関与しないという。
なお本作の脚本・監督には『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップスが就任し、共同脚本として『8マイル』(2002)や『ザ・ファイター』(2010)のスコット・シルバーが参加している。すでに脚本作業は進行していたようで、内情を知るらしい人物が「超ダークでリアル」な作品になると発言したこともあった。

しかしその一方で、本作には気になる点も多く残されている。DC映画にジョーカーが2人存在するという事態にはジャレッド・レトも「ちょっと混乱している」とコメントしているし、契約交渉が行われていると報じられたマーティン・スコセッシがプロデューサーを務めるのかどうかも定かではないのだ。そしてなんといっても、問題は“若いジョーカー”を演じる俳優のキャスティングである。

もちろん、仮に脚本がまもなく完成する状況にあったとて、『ザ・ジョーカー』の製作は初期段階にあるといえよう。ひとまず完成した脚本をもとに、これからスコセッシや俳優との交渉が本格化するのかもしれないのだ。少しばかり気になるのは、DCエクステンデッド・ユニバース作品が数多く準備されている状況にあって、なぜか『ザ・ジョーカー』だけが急ピッチで進んでいるように見えることだが……。

映画『ザ・ジョーカー(仮題)』の劇場公開時期は不明。ただし、もしも2018年内に撮影が行われる場合、2019~2020年初旬には米国公開されるものとみられる。

Source: https://batman-news.com/2017/09/20/joker-script-2018-shooting-schedule/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly