DC映画『ジョーカー』撮影開始 ― キャスト・スタッフ正式発表、ブラッドリー・クーパーがプロデューサーとして参加

米ワーナー・ブラザースは、DCコミックス作品を原作に“狂気の犯罪王子”ジョーカーの起源を描く映画『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』の撮影が始まったことを発表した。あわせて本作の出演者とスタッフも正式に告知されている。

『ジョーカー』で主人公アーサー・フレック/ジョーカーを演じるのは、既報の通り『ザ・マスター』(2012)や『ビューティフル・デイ』(2017)のホアキン・フェニックス。社会から無視された男を現実的なタッチで、より広い意味での教訓をもって描く作品になるという。なお、ホアキン演じるアーサーの姿は先日公開されている

またワーナーは、同じく出演が報じられていた名優ロバート・デ・ニーロ、『デッドプール2』(2018)のザジー・ビーツ、ドラマ「シックス・フィート・アンダー」(2001-2005)や映画『ブロークン・フラワーズ』(2005)のフランセス・コンロイが出演することを認めている。

そのほか出演者には、現在の映画・ドラマ界で活躍する精鋭が揃った。「ザ・ナイト・オブ」(2016)や映画『レッド・スパロー』(2018)などのビル・キャンプ、同じく「ザ・ナイト・オブ」や「ビリオンズ」(2016-)のグレン・フレシュラー、「ナイト・マネジャー」(2016)のダグラス・ホッジ、「GLOW:ゴージャス・ レディ・オブ・レスリング」(2017-)など俳優としても活躍するスタンダップ・コメディアンのマーク・マロン、『ジーサンズ はじめての強盗』(2017)のジョッシュ・ペイズ、そして『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)や『キングコング:髑髏島の巨神』(2016)のシェー・ウィガムだ。

なお本作には、ブルース・ウェインの父親トーマス・ウェイン役で『ミッション:インポッシブル』シリーズのアレック・ボールドウィンが出演すると報じられていたが、アレックはスケジュールの都合で出演を見送っている。その後任者には、『ダークナイト・ライジング』(2012)やドラマ「ナルコス」(2015-)のブレット・カレンが起用された。

 

『ジョーカー』で脚本・監督を務めるのは、『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス。共同脚本は『8マイル』(2002)や『ザ・ファイター』(2010)のスコット・シルバーが務める。
またプロデューサーにはフィリップス監督のほか、『ハングオーバー!』でタッグを組んだ俳優のブラッドリー・クーパー、『沈黙 -サイレンス-』(2016)などのエマ・ティリンガーが就任した。製作総指揮(エグゼクティブ・プロデューサー)にはティリンガーとともに近年のマーティン・スコセッシ作品を手がけるリチャード・バラッタ、『ハングオーバー!』シリーズのジョゼフ・ガーナー、業界の重鎮ブルース・バーマンが名を連ねている。

なお撮影監督は『ハングオーバー!』シリーズやハリウッド版『ゴジラ2(邦題未定、原題:Godzilla: King of the Monsters)』のローレンス・シャー、美術監督は『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)のマーク・フリードバーグ、編集は『ウォー・ドッグス』(2016)などでフィリップス監督と組んだジェフ・グロス、そして衣裳デザイナーは『ファントム・スレッド』(2017)と『アーティスト』(2011)でアカデミー賞を射止めたマーク・ブリッジスが務める。

映画『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』は2019年10月4日より米国公開予定

[お詫び]
記事初出時、ブレット・カレンの役柄について誤りがございました。現在は正しい情報に訂正しております。謹んでお詫びを申し上げます。

Sources: Business Wire, ComicBook.com

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。