Menu
(0)

Search

マイケル・キートン、マーベルでもDCでもマルチバースで困惑 ─ 『モービウス』バルチャー、『ザ・フラッシュ』バットマン再演で

マイケル・キートン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9355458050/

ハリウッドにおいてコミックのスーパーヒーローを演じた先駆けのひとり、マイケル・キートンは、いまやマーベル映画とDC映画の両方に出演する役者の一員となった。マーベル映画モービウスでは『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のバルチャー/エイドリアン・トゥームス役を、DC映画『ザ・フラッシュ(原題)』では『バットマン』(1989)『バットマン リターンズ』(1992)のバットマン/ブルース・ウェイン役を再演するのである。

The Hollywood Reporterにて、キートンは『バットマン』当時と現在を比較し、「バットマンは文化的に大きな存在になりました。世界中の人々にとって大きな存在だから、きちんと敬意を払わないといけない」と語った。ただし30年ぶりのバットマン復帰にあたり、『ザ・フラッシュ』のキーワードである“マルチバース”には大いに困惑したようで……。

(脚本を)3回以上読んでも、“えっ、どういうことなの”って。何度も説明してもらわなきゃいけませんでした。僕が傲慢だってわけじゃないし、そうであることを願っていますよ。とにかく“俺ってスゴいだろ”みたいな話じゃなくて、ただ、僕がバカだって話なんです。わからないことがたくさんあったのを、なんとか解決したんです。」

物語の原案となったのは、フラッシュと並行世界を描く人気エピソード「フラッシュポイント」で、『ザ・フラッシュ』はDC映画における“マルチバースの接点”とも呼ばれる。キートン演じるバットマンは、本作で『ジャスティス・リーグ』(2017)などのベン・アフレック版バットマンと共演するのだ。ちなみに、キートンはマルチバースには混乱したものの、脚本の完成度やアンディ・ムスキエティ監督のビジョンには感銘を受けたという。

スパイダーマン:ホームカミング
スパイダーマン:ホームカミング』より ©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

バットマン復帰と時を同じくして、キートンは『モービウス』で『スパイダーマン:ホームカミング』のバルチャー役を再演する。予告編のキートンが本当にバルチャーなのかは確定されていなかったが、今回、キートンはこの人物がバルチャーであることを認めることになった。というのも、『ザ・フラッシュ』と同じく、キートンはマルチバースに混乱したことを明かしたのである。

「(話を聞きながら)いかにも彼らが言ってることを分かってますよ、という感じで頷いてました。“うんうん”とか言って。だけど心の中では、“なんか量子力学の説明をしてくれてるのかもしれないけど、僕にわかるのはこの役のことだけだぞ”みたいなね。基本はわかってますけど、と。そしたら、とうとう彼らが笑い始めたんです。“私たちの言ってること、わかりませんよね?”って。だから、“うん、わからない。何を言ってるのかわかんない”と答えました。」

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に属する『スパイダーマン:ホームカミング』のバルチャーが、MCUに属さない『モービウス』にどうやって登場するのか。やはり、キーワードはマルチバースということになろう。キートンの口から「量子力学」という言葉が飛び出したあたり、そのカラクリもいずれ明かされるにちがいない……。

『ザ・フラッシュ(原題:The Flash)』は2022年11月4日に米国公開予定で、『モービウス』は2022年公開予定と告知されている。すでにMCUではマルチバースの口が開いているが、2022年はいよいよ本格的な“マルチバース元年”を迎えることになりそうだ。その渦中にいるのが、ほかでもないマイケル・キートンなのである。

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly