Menu
(0)

Search

『キングスマン』ステイツマンのスピンオフドラマ、マシュー・ヴォーン監督が興味示す ─「『ロキ』が自信に繋がりました」

キングスマン テキーラのスピンオフ
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

キングスマン』シリーズでおなじみのスパイ組織の誕生物語を描いた最新作、『キングスマン:ファースト・エージェント』がついに封切られた。『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)につづく続編企画もすでに計画されており、シリーズの勢いは止まらない。『キングスマン』シリーズはスピンオフ企画を通して拡大していく構想まで存在するのだ。

シリーズのスピンオフはかねてより企画されているもので、2017年12月、THE RIVERのインタビューにてマシュー・ヴォーン監督が、「ステイツマンのチャニング・テイタムのスピンオフを企画中です」と認めていた。ステイツマンとはアメリカのスパイ組織で、キングスマンとは同盟関係。テイタムふんするテキーラは、ショット・ガンとカウボーイ・ブーツを愛する人物だ。その実力は折り紙つきだが自身過剰なところがあり、ステイツマンの問題児でもある。

人気キャラクターゆえに、企画の本格始動が待望されているが、現時点では大きな動きは見られていない。そもそも映画企画なのか、ドラマ企画なのかさえ定かでない。そんな中、Screen Rantのインタビューにてマシュー・ヴォーン監督が、ドラマ向けの作品として、ステイツマンの愉快な構想が存在することを明かしている。また、ドラマでの展開に興味を示したきっかけのひとつとして、マーベル・シネマティック・ユニバースのスピンオフドラマシリーズの存在があったようだ。「ロキ』が完璧にやり遂げていて、それが自信に繋がりました」。

「ロキ」とは、ソーの義弟として変幻自在に他人に化け、巧みな話術で人の心を操る裏切り王子、ロキをメインキャラクターとした作品だ。「ステイツマンで、アメリカンのキャラクターで、『ロキ』のようなドラマでのスピンオフが出来るかもしれないと思いました」。マシュー・ヴォーン監督は、「ドラマはこれまでとは異なる媒体なので、怖いわけです」としながらも、「『ロキ』を観たときにすごく感動したんです。だから、すごく気に入っています」と続けている。「ロキ」をきっかけに、ドラマシリーズ企画が実現することに期待したい。

あわせて読みたい

Source:Screen Rant

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly