Menu
(0)

Search

『キングスマン』第3作、2023年に撮影開始とタロン・エジャトン

キングスマン:ゴールデン・サークル
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

キングスマン』シリーズの第3作の撮影は、2022年9月頃の開始予定と伝えられていたが、どうやら2023年へと変更となったようだ。

シリーズの登場人物を一新した前日譚、『キングスマン:ファースト・エージェント』(2021)ではキングスマン誕生の物語が明かされた。シリーズが歴史を紡ぎながら拡大していく中、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)の続編もかねてより進行しており、既報から察すると、本作の撮影開始は迫りつつあると考えられていたのである。

このたび主人公のエグジーとしておなじみのタロン・エジャトンが、「僕が理解している範囲では、サーガの第3作は来年に撮影することになっているはずです」と、海外のポッドキャストにてコメントしている。もっとも、「僕の言うことは鵜呑みにしないでください。あまり詳しくは知りませんから」とも加えており、実際のところどうなるのかは本人もまだ知らない様子だ。

なお、タロン・エジャトンのシリーズ復帰は間違いなさそうだが、これまで前日譚映画をはじめとする作品を牽引してきたマシュー・ヴォーンは、監督として続投するかはまだ決断していないと、2021年12月に明かしていた。当時、「今のところはわかりません。2〜3ヶ月待っててください」とも伝えており、現在の心境に注目が集まっている。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』につづくこの続編に関する情報は多く明かされていないが、マシュー・ヴォーンは過去に、「エグジーとハリーは登場します」「脚本を書いているとき、どれだけエグジーとハリーの関係が愛されているのかがよくわかったんです。そこで僕たちはふたりが互いを思い合ったり、永遠に憎み合ったりする究極の理由は何だろうと考えるようになりました。それがこの映画の全てです」と述べていた。シリーズのメインキャラクターであるエグジーとハリー、ふたりの師弟関係を脅かす物語となりそうだ。

Source:Jess Cagle Podcast with Julia Cunningham

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly