Menu
(0)

Search

『キングスマン3』既に脚本あり ─ タロン・エジャトン、3部作の完結と卒業語る

キングスマン:ゴールデン・サークル
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

タロン・エジャトン(エガートン)主演、マシュー・ヴォーン監督による刺激たっぷりのスパイ・アクション映画キングスマンシリーズは、前日譚映画『キングスマン:ファースト・エージェント』も控え、ますます拡大の兆しだ。

一方で、これまで2作が公開されたメイン・サーガ、つまりタロン・エジャトンが演じるエグジーの物語は、完結に向けて進んでいる。2019年10月11日〜13日(現地時間)に米イリノイ州で開催されたAce Comic Con Midwestに登壇したタロンが、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018)に続く続編『キングスマン3(仮題)』について「何も言っちゃいけないんですけど、脚本はあります」と明かした。米Comicbook.comが報告している。

3作目の製作は「すごくきちんとしたアイデア」だと表現するタロン。「現時点での計画としては、もう1作、もう一度やろうということです。」

『キングスマン』エグジー役といえばタロンの世界的ブレイクのきっかけとなった当たり役。「僕の映画業界でのキャリアのきっかけとなった役なので、参加できるのはいつだってとても嬉しいです」と振り返るが、ここに気になる発言が続いている。

もう1作やりたいのは、率直に言えば、ふさわしい形で彼にお別れをして、3部作を完結させたいからですね。どんなに良いことでも、終わりがやってくる。もともと3部作として考えていましたし、この物語は、もうおしまいにするのが良い。このキャラクターを演じるのが大好きだからこそ、です。」

同シリーズには『キングスマン:ゴールデン・サークル』でチャニング・テイタムが演じたテキーラのスピンオフ映画や、米国のスパイ組織ステイツマンを描く単独映画、ドラマ版「キングスマン」などユニバースを拡大する構想が多数存在。タロンの演じるエグジーは次作で見納めとなるが、本人はかつて「(『キングスマン3』のあとは)10~15年くらいしてカムバックしたい」と述べているから、このシリーズとは長い付き合いになりそうだ。

最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』は2020年2月全国ロードショー。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly