Menu
(0)

Search

実写版『わんわん物語』は本物の犬を起用 ─ 「毎日ワンちゃんたちと遊べる、ストレス少ない現場」と出演者

https://photofest.wamnet.com/cgi-bin/cs/mvsrch_front?KEY2=d2e9apbv5etYxBrEojlKQBmWYcGWH4mNR1FzqUug3TF0x8Ifmhx7rRNk0U8M2ZCxIYFRddzoXxrSclc8v4fKKwKJDgIghnDvkyIKDHUGjvnvnOMpnY268zWbthH8EiOAj_TGb6_tERJvDylz05ADtr4zSVlb927HXz1K0Y7nRM8139gymc7uYda_i1wABwjw5wyN2XnG2-huw-rlfcGq64TlfCZXYwFqVwyefbwXRoqpNr86-S3_5A_t0K0Oizwou-vWwQkEZPoABkVZJl2UaQ0uk7WTVBd4WuinvDcQi-bhfPnCsP33ujqTW0QLaQeZAjWw0tkfDcVFTDBZv4HJgozEXaAyD6WuVuKS8UGyVXnCHxNXOFU_Ag&hit_nbr=15&lastNo=30&firstNo=1&expandDetail=preview
©Buena Vista Distribution Company 写真:ゼータイメージ

近年、CGIを使用した名作アニメ映画の”実写化”の動きが盛んだ。これまで、『ジャングル・ブック』(2016)や『美女と野獣』(2017)などがCGIと実写を融合して製作されており、今後も『ダンボ』『アラジン』『ライオン・キング』『リロ&スティッチ』などの実写版が待機中だ。

米ウォルト・ディズニーが独自に展開予定のストリーミング・サービス「Disney+」で配信予定の『わんわん物語』(1955)の実写映画版も、CGIと実写を組み合わせた作品になると思われていた一つ。ところが本作に登場する犬は、本物の犬が演じていることが明らかになった。レディの飼い主ジム・ディアを演じる『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)トーマス・マンが米Colliderに明かしている。


「毎日、犬と一緒に撮影」

『わんわん物語』は血統書付きのレディと雑種犬トランプが恋に落ち、冒険を繰り広げる物語。ディズニーが1955年に生み出した本作は名作アニメに数えられる一本で、レディとトランプがスパゲッティを食べながらキスをする場面はあまりにも有名だ。

トーマスは「スパゲッティのお皿の下でキスする、2匹の本物のワンちゃんを見たくない人はいないでしょ?」と冗談を言いながら、CGIではなく本物の犬たちが役者として起用されている事実を明かした。

「毎日、本物のワンちゃんと一緒に撮影しましたよ。でも元から訓練された犬ではなくて、製作陣が見つけてきて(撮影の)3ヶ月ほど前から訓練を開始した子でしたね。そこまでして完璧に役に合う犬を見つけたかったみたい。

レディを演じた子はローズって名前。撮影はクレイジーでしたよ。犬は自分が仕事中だと知らないので、カメラが回っている最中に走り出しちゃって、あとでふらっと戻ってくるんです。なので、犬が良い演技をできる瞬間のために、僕自身は毎回うまく演じないといけなかったので、忍耐は必要でしたね。でも、楽しかったですよ。本当に可愛いし、毎日たくさんのワンちゃんと一緒に遊べるし。ストレスの少ない仕事環境でした。

また物語についても、アニメ版より人間にフォーカスが当たるとした上で、より大人向けな作品になることを明かした。

「完全にドラマだとは言いませんけど、よりドラマチックですね。少し洗練されていて、それなりにちょっぴり大人向け。自分がこれまで見てきた映像や、撮影技法からも、美しい作品になっていると感じています。プロダクション・デザインだけを取っても、欠点なし。」

本作で主人公レディの声を担当するのは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のテッサ・トンプソン。相手役ジャックの声には、映画『ガール・オン・ザ・トレイン』(2016)や『Mute/ミュート』(2017)のジャスティン・セローが起用された。他にも、レディの良き友人であるスコティッシュ・テリアのジャッキー役に映画『ロブスター』(2015)のアシュレー・ジェンセン、ブルドッグのブルに『ドクター・ストレンジ』(2016)ウォン役のベネディクト・ウォン、マン演じるジムの妻ダーリン役を『DOPE/ドープ!!』(2016)や『さよなら、僕のマンハッタン』(2018)のカーシー・クレモンズが演じる。

監督を務めるのは『レゴ®ニンジャゴー ザ・ムービー』(2017)のチャーリー・ビーン。『Computer Chess(原題)』(2013)のアンドリュー・バジャルスキーが脚本を手がける。

トーマスが「待っててね!最高な作品になりますよ!ワンちゃんたちは映画スターです」と語る、本作の完成が楽しみだ。

実写映画版『わんわん物語(邦題未定、原題:Lady and the Tramp)』は、2019年に開始されるディズニーの映像配信サービスにて独占配信予定

Source: Collider

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly