Menu
(0)

Search

アンソニー・マッキー&デヴィッド・ハーバー、『ハッピー・デス・デイ』監督新作で共演 ─ CIAに狙われる主人公と幽霊描く

アンソニー・マッキー&デヴィッド・ハーバー
Public Domain https://www.flickr.com/photos/lbjlibrarynow/26359490693/ | Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48471767236/ | Remixed by THE RIVER

「オルタード・カーボン」(2018-2020)「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021)のアンソニー・マッキー、「ストレンジャー・シングス」(2016-)『ブラック・ウィドウ』(2021)のデヴィッド・ハーバーが、Netflixによるファミリー・アドベンチャー映画『We Have a Ghost(原題)』で共演することがわかった。米The Hollywood Reporterなどが報じている。

『ハッピー・デス・デイ』シリーズや、『ザ・スイッチ』(2020)などのクリストファー・ランドンが脚本・監督を手掛ける本作の基になったのは、ジェフ・マーノーによる短編小説『Ernest(原題)』。ケヴィンとその家族は、彼らの新居に出没するアーネストという幽霊を発見し、SNSで一夜にして人気者になる。しかしケヴィンとアーネストは、幽霊の過去について調査するにつれて、CIAの標的となってしまうという筋書きだ。

出演者にはふたりのほか、『アーミー・オブ・ザ・デッド』(2021)ティグ・ノタロ、『プロミシング・ヤング・ウーマン』(2020)ジェニファー・クーリッジ、『アンクル・ドリュー』(2018)エリカ・アッシュ、「THIS IS US」(2016-)ナイルズ・フィッチ、『キャプテン・ウルフ』(2005)フェイス・フォード、「ウォッチメン」(2019)スティーブ・コールターらが名を連ねている。

『ファザーフッド』(2021)マーティ・ボーウェン、『キル・チーム』(2019)アイザック・クラウスナー、『S.W.A.T.』(2003)ダン・ハルステッドがプロデューサーを、クリストファー・ランドン&ジェフ・マーノーらがエグゼクティブ・プロデューサーを担当する。The Hollywood Reporterでは製作時期については伝えられていないが、ランドン監督は本発表の前に、Twitterにて本作の撮影が開始されたことを報告していた。

Source: The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly