Menu
(0)

Search

マーベル・シネマティック・ユニバース、今後10年を予告 ─ 3D大作映画の到来も示唆

Photo by Gage Skidmore

10年後、あなたは何歳になっている?その頃まで、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は引き続き我々ファンを楽しませてくれるようだ。

「今後10年間は、既存のキャラクターと新しいキャラクター、そしてマルチバースによる新しいストーリーテリング手法があれば、どんなことでも起こり得ます」と、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギは、米ラスベガスで開催中のイベント「CinemaCon」ステージで語った。ざっと2032年まで、MCUにはまだまだ語るべきストーリーや魅力的なキャラクターが控えているらしい。

MCUは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』で、平行世界との合流を可能にする概念「マルチバース」を導入。様々な事情から扱えなかったキャラクターや設定を登場させられるようになった。

シリーズは現在「フェーズ4」に数えられる段階にあり、新キャラクターを扱う映画やドラマも続々と登場。ファイギは以前、彼らが一挙集結する、いわば『アベンジャーズ』的な性質のクロスオーバー映画も進行中であると認めていた。2018年と2019年の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、それまで10年間に渡って展開されたMCUの集大成的作品。今後の10年で登場すると見られる次期クロスオーバー大作ではマルチバースも取り入れられ、より壮大で規模の大きい作品になりそうだ。

なお、ファイギはこのイベントで「3D大作」の到来も予告。3D映画については、ジェームズ・キャメロン監督による『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』(2022年12月公開予定)が、3Dフォーマットにおける技術革新をもたらすものと期待されている。この作品に続いて、今度はマーベル映画でも革新的な3D体験ができるようになるかもしれない。

Source:THR

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly