Menu
(0)

Search

【考察】マーベル世界の住人、なんでアベンジャーズの出来事知ってるの問題 ─ 「ミズ・マーベル」アベンジャーズ・コンで考える

ミズ・マーベル
(C)2022 Marvel

配信開始となったマーベル・シネマティック・ユニバースのドラマミズ・マーベルでは、アベンジャーズに憧れる女子高生の主人公カマラ・カーンの物語がフレッシュに描かれる。

カマラは第1話「ジェネレーション・ホワイ」で、コミコンのようにアベンジャーズのファンが集うイベント「アベンジャーズ・コン」に参加する。そこでは、アベンジャーズのヒーローたちや彼らの名ゼリフを模したアイテムが登場。例えば、キャプテン・アメリカのプリケツが描かれたイラストや、同じくキャップの名ゼリフ「I Can Do This All Day(まだやれる)」が描かれたポスターイラストが販売されていた。

キャップのプリケツは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)でスコット・ラング/アントマンが言った「アメリカのケツ」のジョークに由来するものだろう。「I Can Do This All Day」のセリフも合わせて、これらはその現場にいたアベンジャーズのメンバーしか知り得ない情報のはずである。それなのに、なぜ一般にまで知れ渡っているのだろうか?

ミズ・マーベル
(C)2022 Marvel

考えられる説としては、MCU世界の中でアベンジャーズには広報機能が存在するということだ。「I Can Do This All Day」は『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)と『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)に登場したセリフだが、状況的にこのセリフを知っているのは、スティーブ・ロジャースとトニー・スタークだけのはず。このふたりのいずれかが現役の頃、例えばマスコミに対して「スティーブが戦いの中で『I Can Do This All Day』と発した」ことを伝えたのではないだろうか。

アベンジャーズとその関係者はソコヴィア協定の前後で、パブリックイメージの維持と改善に努めようと考えたはずである。実は彼らは、自分たちの戦いの物語を、世間にきちんと説明する機会を設けているのかもしれない。『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)では、アベンジャーズ本部で記者会見が開催される様子も描かれた。「ロジャース・ザ・ミュージカル」も、そうしたイメージ戦略の一環なのだろうか。

また、カマラの部屋には、キャプテン・マーベルがポーズを決めたポスターも飾られていた。明らかに広報の意図をもって撮影されたもののように見える。地球にはほぼ不在のはずの彼女だが、一体いつ撮影したのだろう?

広報役を嬉々として務めそうなのが、一般人出身の愛すべきお調子者、アントマン/スコット・ラングだ。「ミズ・マーベル」第1話オープニングによれば、スコット・ラングはポッドキャストでインタビュー番組に出演し、『アベンジャーズ/エンドゲーム』サノス戦におけるキャプテン・マーベルの立ち回りを明かしている。オープニングではサノス戦の詳細が比較的正確に語られていたが、これもスコット・ラングのインタビューで判明したことなのか、それとも元々広く知られていたものなのかは不明だ。おそらく、戦闘参加者がどこかで語ったのかもしれない。『エンドゲーム』サノス戦は参加者も非常に多かった。

「ミズ・マーベル」第1話では、やはりアベンジャーズには広報機能があるのではないかと思わされる描写がある。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのグルートが「MR.TREE」との誤称でTシャツ販売されていた点だ。劇中ではガモーラやドラックスのコスプレファンもおり、彼らも人気者であることは間違いない。しかし少数精鋭のガーディアンズは、自分たちの物語を世間に正しく伝えられていないのかもしれない。あいつらのことだから、そんなことはどうでも良さそうだけど。

あわせて読みたい

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly