Menu
(0)

Search

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」アンソニー・マッキー、MCUフェーズ4は「これまでとはかなり違う」

アンソニー・マッキー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48469318202/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のフェーズ3は、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)をもって完結。それから約1年半の時を経て、2021年1月15日より配信開始を迎えた待望のドラマシリーズ、「ワンダヴィジョン」よりフェーズ4へとついに突入した。

「ワンダヴィジョン」は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)後を描く物語ながら、シットコムという、MCUとしては一風変わった作品となっている。フェーズ1〜3にはなかった大胆な試みの作品であることは言うまでもないが、フェーズ4ではその他の作品も大きな変化を遂げそうだ。

Entertainment Tonight Canadaにて、ファルコン役で知られる俳優、アンソニー・マッキーがフェーズ4について、「これまでとはかなり違います」と語っている。「息が吹き込まれる面白いキャラクターたちがたくさんいて、誰もが予期しないことが多く起きるでしょう。その全てに対する観客の反応を見るのが楽しみでなりません」。

さらにフェーズ4の展開について問われたところ、「これらのキャラクターに命が吹き込まれる方法や、スーパーヒーローという私たちが考える価値観を超越していく姿に度肝を抜かれるでしょう」と返答。これはアンソニー・マッキー出演、フェース4のドラマシリーズ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」も同様に、今までとは違った系統の作品となることを示唆していると言えるだろう。

フェイズ4からはドラマと映画というふたつの軸が絡むだけでなく、映画『エターナルズ』では、古代から地球に暮らしてきた異星人、エターナルズというスーパーヒーローたちも新たに登場する。また、『X-MEN』がマーベル・シネマティック・ユニバースに合流する可能性なども浮上していることから、これまで以上に壮大な物語が展開されることは間違いないだろう。フェーズ4への期待が高まるばかりだ。

Source: Entertainment Tonight Canada

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly