Menu
(0)

Search

エズラ・ミラーが『ザ・フラッシュ』再撮影に参加 ─ 予定通りの公開目指す

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット
JUSTICE LEAGUE and all related characters and elements and trademarks of and (c) DC. Zack Snyder's Justice League (c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

エズラ・ミラーが、直近でDC映画『ザ・フラッシュ(原題)』の再撮影に参加していたようだ。米The Wrapが伝えている。

ついにマルチバースを導入するDC映画シリーズの特異点になるとされた『ザ・フラッシュ』だが、主演のエズラ・ミラーの度重なるスキャンダルにより、本格的に公開が不安視される事態となっていた。現在は快方に向かっており、エズラ側がワーナに謝罪。両者の間では、予定通りの劇場公開に向けて前向きな協議がなされたとされる。

The Wrapの伝えるところによると、エズラは2022年9月26日週、この再撮影に1日参加したという。これは、両者間での納得が得られ、再び製作が前進していることへの証左と言える。

エズラは過去数ヶ月の間に複数回の逮捕や起訴を経験したが、既報によるとこの間にも再撮影に参加している。現在のワーナー・ブラザースは「バットガール」のお蔵入りなど、作品評価に非常にシビアな印象があるが、『ザ・フラッシュ』は関係者試写でも好評で、スタジオ側は是が非でも公開に漕ぎ着けたい考え。DC映画では今後の再起を図る10ヵ年計画が敷かれており、『ザ・フラッシュ』はその重要な羅針盤の1作になりうる作品。諸問題をクリアし、作品の完成を目指す。

『ザ・フラッシュ』は2023年6月23日の米公開予定。

Source:The Wrap

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly