Menu
(0)

Search

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』監督、続編『ゴジラ vs キングコング』への関与を語る ─ 「モンスターバース」はこうして作られている

GODZILLA ゴジラ
©Warner Bros. 写真:ゼータ イメージ

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズの第2作であり、ワーナー・ブラザース&レジェンダリー・ピクチャーズによる「モンスターバース」の第3作でもある。『GODZILLA ゴジラ』(2014)、『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)につづく本作を経て、同ユニバースは集大成となる『ゴジラ vs キングコング(邦題未定、原題:Godzilla vs. Kong)』を迎えるのだ。

『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズ、『キングコング』のジョーダン・ヴォート=ロバーツに次いで本作のメガホンを取ったのは、怪獣映画愛を公言するマイケル・ドハティ。独立した作品でありつつもクロスオーバーへの橋渡しを担ったマイケル監督は、つづく『ゴジラ vs キングコング』にどこまで関与したのか。撮影現場でのインタビューで、その内幕が語られている。

「モンスターバース」の流儀

結論から記せば、米ComicBook.comによると、マイケル監督の『ゴジラ vs キングコング』への関与は最小限にとどまっているという。しかし今回のインタビューでは、モンスターバースという“シネマティック・ユニバース”の作られ方、いわば流儀ともいうべきものがうかがえる。

ユニバースの橋渡しをするうえで、マイケル監督が大切にしているのは『GODZILLA ゴジラ』から登場している特務機関モナーク。『ゴジラ vs キングコング』に向けて、「モナークの基礎を固めること」が重要だと語っているのである。

“モナークとは何か”という、ビジュアル面の決定版を開発したいと思います。ギャレス(・エドワーズ)の作品をもとに、まだ作っているところですけどね。たとえばロゴのように、彼の仕事をそのまま使用したところもたくさんあります。それからテクノロジーのリアルさ、そういったことも残しています。ですから、次の作品にも引き継がれればと願っていますよ。」

東京コミコン2018
マイケル・ドハティ監督(東京コミコン 2018にて)©THE RIVER

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』では前作の5年後を舞台に、復活した神話時代のモスラやラドン、キングギドラら怪獣たちとゴジラの戦い、世界の破滅を阻止しようとする特務機関モナークの活躍が描かれる。「モンスターバース」の全作品に登場してきた特務機関モナークの決定版を、マイケル監督は本作で完成させようとしているわけだ。大勢の科学者が登場する今回の物語は、モンスターバース史上、モナークという組織そのものが最も重要な作品となるのだろう。

ギャレス監督からジョーダン監督、そしてマイケル監督へ。モナークをクリエイターが受け継ぎながら描くスタイルについて語る際、監督はシュルレアリスムの手法「優美な屍骸」に言及している。「優美な屍骸」とは、作り手たちが互いの創作する内容を知らぬまま、共同製作における自身の仕事に取り組むものだ。

「あるアーティストから別のアーティストへと、作品が手渡されていくわけです。新しく、かつ面白いレイヤーがそこに加えられていくのが理想的ですよね。」

世界観や設定、キャラクターを共有し、ストーリーを繋げながらもクリエイター同士はほぼ干渉しあわないというスタイルは『アベンジャーズ』などマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の方法論に近い。しかしMCUの場合、クリエイターが話し合うことで世界観を調整し、作品ごとの物語を組み上げるケースもしばしばあるという。また、ユニバース全体の一貫性には製作のマーベル・スタジオが目を光らせているのも特徴的だ。その点において、モンスターバースがどういった方法を採っているのかは明かされていない。

マイケル監督からバトンを受け取り、『ゴジラ vs キングコング』を手がけるのは『サプライズ』(2011)『ザ・ゲスト』(2014)のアダム・ウィンガード監督。同作の撮影は2018年11月に開始され、2019年3月26日現在も継続中のようだ。

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は2019年5月31日(金)全国ロードショー。『ゴジラ vs キングコング(邦題未定、原題:Godzilla vs Kong.)』は2020年3月13日に米国公開予定。

あわせて読みたい

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』公式サイト:https://godzilla-movie.jp/

Source: ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly