Menu
(0)

Search

マーベル「ムーンナイト」は「『アイアンマン』ぶりのキャラクター研究作品」─ 多重人格の主人公が抱える葛藤描く

ムーンナイト
(C) 2022 Marvel

オスカー・アイザック主演、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)ドラマシリーズ「ムーンナイト」は、“キャラクターが抱える葛藤”に焦点を当てる作品になりそうだ。

Empireのインタビューにオスカー・アイザックは、『X-MEN:アポカリプス』(2016)、『スター・ウォーズ』続3部作を経験した後、シリーズの大作映画からは一歩を引くことを考えていたとしながらも、「ムーンナイト」には自身が切望していた要素が存在していたのだという。

マーベル・スタジオが手がける作品ともなれば大規模な製作を想像させられるが、アイザックいわく、「手作り感」があったとのことだ。また、「『アイアンマン』ぶりのマーベルのキャラクター研究作品なんです」と説明している。“キャラクター研究(Character Study)”とは、登場人物の内面に焦点を当てた作品を指す言葉だ。

『アイアンマン』シリーズは、天才的な頭脳を持つ実業家・発明家、トニー・スタークを主人公とする作品。『アイアンマン3』(2013)でのトニーは、ニューヨーク決戦の影響により悪夢や発作に悩まされ、心身とも追い詰められる姿が描かれていた。一方で本作「ムーンナイト」は、“穏やかな性格”と“暴力と残虐性に満ちた人格”を持つダークヒーロー、ムーンナイトを描く作品。複数の人格を持つ主人公の苦悩と葛藤、精神状態が繊細に紐解かれることになるのだろう。

そんな多重人格に悩まされる主人公に引き込まれたというアイザック。「自分の脳のことを知らない人間の精神が、生き残るために何が出来るのか。そのようなところに僕は感動しました」。もっとも、複雑な役を演じることについては「仕事量は膨大でした。異なる人格を体現する技術的な挑戦、肉体的な表現方法。たくさんエネルギーが必要でした」と説明している。

ドラマ『ムーンナイト』はディズニープラスにて、2022年3月30日(水)16時より日米同時配信開始。

Source:Empire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly