Menu
(0)

Search

「ムーンナイト」ハルクとのチームアップが提案されていた ─ 多重人格キャラのタッグ、「ブっ飛んだアイデア」と監督

ムーンナイト
(C)2022 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)ドラマ「ムーンナイト」で共同監督を務めるモハメド・ディアブが、興味深い裏話を明かしている。いわく、主演のオスカー・アイザックがムーンナイトとハルクのチームアップを提案していたというのだ。

「ムーンナイト」は、“暴力と残虐性に満ちた”マーク・スペクターという人格を宿した温厚な男、スティーヴン・グラントを主人公に描くシリーズ。米Screen Rantの取材に応じたディアブが、「ムーンナイト」で実現したかったという斬新なアイデアについて語っている。

オスカーが、ハルクとチームアップするアイデアを提案したんです。ある意味、二重人格のキャラクター2人が関わり合うのはブっ飛んだアイデアですよね。4人の間で人格が行ったり来たりするのを想像するだけでも楽しいです。すごく興味深いでしょうね。マーク・ラファロが好きですし、(MCUの)みんなが大好きですが、この2人の関わり合いはすごく面白いかもしれないですね。」

「ムーンナイト」の主人公はスティーヴン・グラントとマーク・スペクターという人格を持ち、対するハルクは天才科学者ブルース・バナーの化身だ。ひとたびハルクに変身したら怒りがコントロール不能になってしまうため、いわばブルース/ハルクという2つの人格を持ったキャラクターだと言える。ところが『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)で、ブルースはハルクをコントロール出来るようになっている。このコラボレーションが実現したら、ムーンナイトは別人格の制御の仕方をハルクからレクチャーしてもらうことができるかもしれない。

ちなみにディアブは以前、「ムーンナイトは今後10年はMCUに登場する」と持論を展開していた。将来的にムーンナイトとハルクのタッグが実現する可能性は十分に残されている。

「ムーンナイト」は、ディズニープラス(Disney+)にて毎週水曜日に新エピソードが配信中。

Source:Screen Rant

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly