Menu
(0)

Search

『モービウス』&MCU版『ブレイド』のクロスオーバーは可能 ─ 『スパイダーマン』プロデューサーが前向きな姿勢

モービウス
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

ソニー・ピクチャーズ製作、マーベル『スパイダーマン』シリーズから派生する映画モービウスと、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)版ブレイドのクロスオーバーについて、ソニー・ピクチャーズの幹部エイミー・パスカルが言及。その可能性に前向きな姿勢を見せている。

『モービウス』は、天才的な頭脳を持つ医師マイケル・モービウスが、難病を治すべく自らを人体実験の材料にしてしまったことで血液を求める衝動を抑えきれなくなり、アンチ・ヒーローへと化していく姿が描かれる。ヴァンパイアのような存在のモービウスが、ヴァンパイア・ハンターであるブレイドのターゲットになる筋書きは十分あり得そうだ。

Geeks Of Colorのインタビューに揃って登場したパスカルとマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギが、インタビュアーから「モービウスとブレイドをコラボレートさせるアイデア」を提案されて回答。パスカルが、「ブレイドとモービウスですか。それはクールなアイデアですね。未来で何が起こるかなんて誰もわかりません。あらゆる可能性があります」と答え、その横で満面の笑みを浮かべているファイギもまんざらでもない様子。そんな2人を目にしたら期待が高まるというものだ。

原作コミックでは、度々ブレイドとモービウスが戦う姿が描かれている。そのコラボレートを実現させるには、ソニー製作の「ソニー・ピクチャーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクター(SUMC)」の世界で展開される、『モービウス』のMCU入りが問題となりそうだ。その点については、『モービウス』に主演するジャレッド・レトが、2020年12月に「ここから繋がっていくユニバースでモービウスの存在は特別」とコメントしてユニバースの拡大を示唆していたが、果たしてどうなるだろうか?

なお、マハーシャラ・アリが主演を務める『ブレイド』は、2022年夏に米アトランタにて撮影開始予定。『モービウス』は、2022年1月28日に米国公開。

Source:Geeks Of Color

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly