Menu
(0)

Search

『モービウス』ジャレッド・レト、MCU版『ブレイド』とのクロスオーバーに前向き

ジャレッド・レト
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28316589680/

ソニー・ピクチャーズ製作、マーベル『スパイダーマン』シリーズから派生する映画『モービウス』で主演を務めるジャレッド・レトが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)版『ブレイド』とのクロスオーバーに前向きだ。

『モービウス』は、天才的な頭脳を持つ医師マイケル・モービウスが、難病を治すべく自らを人体実験の材料にしてしまったことで、血液を求める衝動を抑えきれなくなっていくアンチ・ヒーローへと化す姿を描く作品。いわば、ヴァンパイアのような存在であるモービウスを新作映画で演じるジャレッドは、ジェームズ・コーデンが司会を務めるトーク番組にて、原作ではヴァンパイア・ハンターとして描かれるブレイドとの将来的な対峙について言及した。

コーデンより、MCUでブレイドとモービウスの戦いが実現するかについて訊かれたジャレッドは、「良い質問ですね」と返答。続けて、「将来、それが実現しているのが目に浮かびますね」と意欲的な姿勢を見せたのだ。ジャレッドは、もう一度、「うん、目に浮かびますよ」と繰り返す。

ブレイドは、人間とヴァンパイアのハーフである黒人ヴァンパイアハンター。原作コミックでは、度々モービウスと戦う姿が描かれている。モービウスとブレイドのクロスオーバーを実現させる大きなポイントとなってくるのが、『モービウス』のMCU入りだ。現状、本作はソニー製作の「ソニー・ピクチャーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクター(SUMC)」の世界観で展開されることになっており、『ブレイド』が属するMCUへの合流は明らかになっていない。

もっとも、2020年12月にジャレッドは「ここから繋がっていくユニバースでモービウスの存在は特別」と、ユニバースの拡大を示唆してもいる。“実現しているのが目に浮かぶ”というジャレッドの話しぶりからも、モービウスが単独映画に収まらず、ブレイドをはじめとするMCUキャラクターとのクロスオーバーすることを期待してしまうが…。

ちなみに、『モービウス』の米公開は2022年1月予定。マハーシャラ・アリが主演を務める『ブレイド』の公開日は未定。2020年10月時点で脚本家が検討されているという。

あわせて読みたい

Source: Comicbook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly