Menu
(0)

Search

キアヌ・リーブス、『マトリックス』第5作の可能性に言及 ─ プロデューサーは続編計画が無いことを明言

マトリックス レザレクションズ
©2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

マトリックス レザレクションズ』に続く『マトリックス』シリーズ第5作の可能性について、主演のキアヌ・リーブスが言及した。先日、監督・脚本のラナ・ウォシャウスキーが新3部作の製作を否定していたばかりだ。

21世紀末から22世紀初頭にかけて伝説的SFトリロジーを残した『マトリックス』は、2021年に『マトリックス レザレクションズ』として復活。本作を皮切りに新3部作の開幕に期待を寄せるファンも多いだろうが、その可能性にラナ・ウォシャウスキー監督は「ノー」と答えていた

今回、英Empireでは『レザレクションズ』に次ぐ第5作について、W主演を務めたキアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスに直撃。これにキアヌは、「え?もう1作ですか?“レザレクションズ レダックス(復活の復活の意)”ですね」とジョーク交じりに反応するも、シリーズ継続に否定的な意見を述べた。

「そうは思いませんね。ラナは、新しい『マトリックス』を作ろうと思っていないのではないでしょうか。」

これには、プロデューサーのジェームズ・マクティーグも同意であるらしい。マクティーグは米Colliderに「現時点では、今ご覧になっている映画(『レザレクションズ』)のみです。前日譚も続編も検討しておりません。新しい3部作はございません」と述べている。

以前、米ワーナー・ブラザースのアン・サルノフCEOは「ラナが映画を作りたいという姿勢であれば、我々は全面的に協力します」と語っていたが、そのラナ・ウォシャウスキーがシリーズ継続に否定的であれば、映画としての『マトリックス』は『レザレクションズ』で幕を閉じることになるだろう。

その一方でかつては、シリーズ生みの親であるウォシャウスキー姉妹不在のまま、別のクリエイターが『マトリックス』の新作を進めていたという話もある。シリーズの今後は未知数だが、仮にも第5作が製作されるとなれば、主演2人も協力する意向のようだ。キアヌは「もし彼女(ラナ)からお誘いを受けたら、喜んでやります」と語り、これにキャリ=アンも「最高ですね」と応じている。

Source: Empire,Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly