Menu
(0)

Search

『タイラー・レイク -命の奪還-』Netflixで一番人気のオリジナル映画に ─ クリス・ヘムズワースから感謝の言葉

タイラー・レイク -命の奪還-
『タイラー・レイク -命の奪還-』Netflix独占配信

Netflixがオリジナル映画作品の人気ランキングを発表した。錚々たる作品が並ぶ中、堂々と一位に輝いたのは、クリス・ヘムズワース主演、アンソニー&ジョー・ルッソが製作を務めたサバイバルアクション映画『タイラー・レイク -命の奪還-』だ。

配信開始から4週間の視聴数を集計したランキングは以下の通り。

  1. 『タイラー・レイク -命の奪還-』(2020)(9,900万回)
  2. 『バード・ボックス』(2018)(8,900万回)
  3. 『スペンサー・コンフィデンシャル』(2020)(8,500万回)
  4. 『6アンダーグラウンド』(2019)(8,300万回)
  5. 『マーダー・ミステリー』(2019)(8,300万回)
  6. 『アイリッシュマン』(2019)(6,400万回)
  7. 『トリプル・フロンティア』(2019)(6,300万回)
  8. 『僕のミッシー』(2020)(5,900万回)
  9. 『The Platform (原題)』(2020)(5,600万回)
  10. 『パーフェクト・デート』(2019)(4,800万回)

圧倒的な一位に輝いた『タイラー・レイク -命の奪還-』について、クリス・ヘムズワースは自身のInstagramにて感謝を示している「『タイラー・レイク -命の奪還-』への継続的なサポートに感謝してもしきれない!今でも勢いは順調で、Netflix史上最高の作品ですよ。本当にみんな最高」

また、『タイラー・レイク -命の奪還-』に続いて2位に輝いたのは、サンドラ・ブロック主演『バード・ボックス』。同作に僅か届かなかった作品は、マーク・ウォールバーグ主演、ピーター・バーグ監督『スペンサー・コンフィデンシャル』、ライアン・レイノルズ主演、マイケル・ベイ監督『6アンダーグラウンド』だ。そして、5位にはアダム・サンドラー主演『マーダー・ミステリー』、6位にはロバート・デ・ニーロ主演、マーティン・スコセッシ監督『アイリッシュマン』、7位にはベン・アフレック主演、 J・C・チャンダー監督『トリプル・フロンティア』が並んでいる。 いずれも錚々たる主演俳優と監督が手掛けた作品だ。やはり、配信サービスでもその影響は計り知れないということなのか。

もっとも、意外なのは、アカデミー外国語映画賞を獲得したアルフォンソ・キュアロン監督『ROMA/ローマ』(2018)、アダム・ドライバー&スカーレット・ヨハンソン主演、ノア・バームバック監督『マリッジ・ストーリー』(2019)が見受けられなかったことだ。果たして、何位だったのか……。

あわせて読みたい

Source: Bloomberg Chris Hemsworth

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly