Menu
(0)

Search

『タイラー・レイク -命の奪還-』、Netflix史上最多の視聴世帯数を記録 ─ クリス・ヘムズワース、続編製作にも意欲

タイラー・レイク -命の奪還-
Netflix映画『タイラー・レイク −命の奪還−』独占配信中

クリス・ヘムズワース主演、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)アンソニー&ジョー・ルッソ監督がプロデュースするサバイバルアクション映画タイラー・レイク -命の奪還-が、配信開始から一ヶ月以内における、Netflix史上最多の視聴世帯数を記録したことがわかった。

2020年4月24日より配信開始したばかりの『タイラー・レイク -命の奪還-』は、わずか1週間で9,000万回以上も視聴されている。この記録は、サンドラ・ブロック主演『バード・ボックス』(2018)の8,000万、ライアン・レイノルズ主演『6アンダーグラウンド』(2019)の8,300万を上回る数字だ。この歴史的な記録を受けて、クリスは自身のInstagramにて、ファンへの感謝を示している。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🙏🙏🙏 EXTRACTION @thesamhargrave @therussobrothers @netflix @netflixfilm

Chris Hemsworth(@chrishemsworth)がシェアした投稿 –

「皆さん、元気に過ごしていますか?『タイラー・レイク -命の奪還-』を見てくださって、本当にありがとうございます。おかげさまで、今世界中で最も視聴されている作品となりましたよ。Netflix史上最多の記録ともなるみたいで、これほど嬉しいことはありません。ルッソ兄弟、Netflix、サム・ハーグレーヴ監督の全員を代表して、心から感謝を伝えさせて頂きます。本当に皆さんのことが大好きです。」

また、続編や前日譚が製作される可能性についてクリスは、「噂されていたり、質問も受けたりしていますが、私には正直わかりません」と語っている。とはいえ、「これだけの熱い応援や支援があるのであれば、是非ともやりたいですね」と意欲を示している。

出演者はクリス・ヘムズワースのほか、「ストレンジャー・シングス」『ブラック・ウィドウ』のデヴィッド・ハーバーら。監督は『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のセカンドユニット・ディレクター&スタント・コーディネーターを担当したサム・ハーグレイヴが務め、プロデューサーはアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソが担当。脚本もジョー・ルッソが執筆した。

Netflixオリジナル映画『タイラー・レイク -命の奪還-』は独占配信中。

Source:forbes,Deadline

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly