Menu
(0)

Search

『猿の惑星』新作映画、2022年内に撮影開始見込み ─ 『メイズ・ランナー』監督が手がける

©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

『メイズ・ランナー』シリーズのウェス・ボールが監督を務める猿の惑星』の新作映画が、2022年内に撮影が開始予定であることが明らかになった。

『猿の惑星』シリーズは、リメイクやリブートを含め、これまでに計8作品が発表されている。直近では、『猿の惑星:創世記』(2011)『猿の惑星:新世紀』(2014)『猿の惑星:聖戦記』(2017)から成る前3部作が製作された。

2019年12月に発表された新作映画には、メガホンをとるウェス・ボールのほか、ドラマ「スノーピアサー」(2020-)のジョシュ・フリードマンが脚本家として参加している。

The Hollywood Reporterのインタビューにて、20世紀スタジオの社長であるスティーブ・アスベルは、「まもなく脚本の草案が到着する見込みです」と進捗を報告している。撮影時期については、「(2022年)晩夏から初秋には行いたいと思っています」と予告。アスベル氏は、2023〜2024年に予定されている公開作品での質問に対して本作を挙げているため、予定通りに製作が進行すれば、1〜2年後には作品を鑑賞することができそうだ。

本作の物語については不明のままだが、ウェス・ボール監督は過去に、「シーザーの遺産はこれからも続きます」としながらも、「第4作として作ることには興味ありません。自分たちらしいものを作りたいんです」と述べており、前3部作の続編にはならないことを明かしていた。これまで継承されてきた遺産と監督が作り上げる新たな『猿の惑星』に注目だ。

Source:The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly