Menu
(0)

Search

『スカイライン』監督がサメ映画撮る ─ 海底沈没船に幽閉、サメに囲まれて

イメージ写真

なんでもアリなSF映画『スカイライン』シリーズのリアム・オドネル監督が、新たにサメ映画『The Wreck(原題)』を手がけることがわかった。米Varietyが伝えている。

カリブ海のスキューバダイビングで再会した、かつての恋人や大学時代の仲間と兄弟の4人。沈没した第二次世界大戦時の戦艦を探索中、そこに閉じ込められてしまったことに気づく。錆びた金属に阻まれた海底の迷宮、そこでホオジロザメに包囲されて……。

オドネル監督は、『スカイライン』シリーズ第1作の『スカイライン -征服-』(2010)で脚本を手掛けた後、続く『スカイライン -奪還-』(2017)『スカイライン -逆襲-』(2020)では監督・脚本を担当。地球を襲ったエイリアンと人間との共闘&戦闘を描き、SFファンの間で熱烈な支持を受けている。

オドネルも既に気合十分で、「美しき海底の難破船で、ホオジロザメが知的で愉快で豪華な人々を細切れにしようとするんですよ、絶対行きたいですよね」とコメント。脚本は、地獄の刑務所をムエタイでのし上がったボクサーを描いた実話作『暁に祈れ』(2017)のニック・サルトリーズで、オドネルはこの脚本を「ホオジロザメの恐怖ライド」と絶賛している。撮影は2021年9月よりマルタで開始予定。『海底47m』(2017)などサメ映画のベテラン撮影監督マーク・シルクが帯同する。

『スカイライン』シリーズでは、(いい意味で)ぶっ飛んだストーリー展開を見せてくれたリアム・オドネル監督。2021年3月のTHE RIVERとのインタビューでは、『ジョン・ウィック』『Mr.ノーバディ』デレク・コルスタンド脚本の新作や『スカイライン』4作目に向けての動きも話していたが、はじめにこのサメ映画に取り掛かることになりそうだ。7月のカンヌ国際映画祭でバイヤーに向けて企画説明の場が設けられるという。

あわせて読みたい

Source:Variety,Altitude Film

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly