Menu
(0)

Search

【インタビュー】『さよなら、僕のマンハッタン』主演カラム・ターナーが立つ「狭間」とは

さよなら、僕のマンハッタン
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

マーベル映画『アメイジング・スパイダーマン』シリーズでも知られるマーク・ウェブ監督が、自身の代表作『(500)日のサマー』以前に出会い、この『サマー』よりも描きたかった作品としてついに映像化を果たした映画『さよなら、僕のマンハッタン』が、2018年4月14日より日本公開となった。

THE RIVERでは、この映画で悩める主人公トーマス・ウェブを演じたネクストブレイクの新鋭、カラム・ターナーにインタビュー。「今作は、ニューヨークへのラブストーリー。いろんなこと、真実を見出す男性の物語。ミステリアスな部分もある作品です。ポップコーンを食べながら、リラックスして楽しんでね」と語るカラムと共に、本作の魅力を探った。

さよなら、僕のマンハッタン
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

偉大な大人に囲まれて

『さよなら、僕のマンハッタン』が素晴らしいのは、あらゆる要素が様々な「狭間」の上で絶妙なバランスを取りながら成立している点だ。主人公トーマス・ウェブを通じた「少年」と「大人」の狭間や、「軽蔑」と「情愛」の狭間、「男」と「女」の狭間、そしてこの作品自体も、文学的・教養的な印象と、ポップでカジュアルな印象の狭間にあるように感じられる(メジャー、インディーの狭間を行き来するマーク・ウェブ監督の手腕によるところが大きいだろう)。

トーマス・ウェブを演じたカラム・ターナーは、こうした狭間上にあるバランス感と、繊細かつ大胆に演じあげた。まだ未熟で、人生に迷っていたりクヨクヨしていても許されるであろう「少年」の一面と、大人の女性や自身の人生に向き合いながら凛々しさを得ていく「大人」の中間で、後者についてはジェフ・ブリッジスやピアース・ブロスナンをはじめとする名俳優に囲まれて演じた。

1990年生まれ、気鋭の若手カラムにとって、本作は大物たちに囲まれて緊張を強いられるものだったと想像できる。カラムは、W.F.ジェラルド役、アカデミー賞俳優であるジェフ・ブリッジから、服装や髪の毛に至るまでアドバイスを受けながら、「緊張感とどう折り合いををつけるか」について学んだという。

「ジェフは僕に、“とにかくやり続けるしかない。その作品に出ることを決めて、みんなと友達になって、楽しむ。作品自体が良くなくても、その経験がすごく良いものになる。うまくヒットしたり、誰かに喜ばれるのはおまけみたいなもの。結果はどうであれ、プロセスを楽しむ。常に成長する。やり続ける”と教えてくださいました。素晴らしい偉大な役者たちと一緒に過ごせたのは、本当に特別なことです。」

© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

このアドバイスが活かされたように、カラムは偉大なる『007』5代目ジェームズ・ボンド役として知られる名優ピアース・ブロスナンとの共演を大いに楽しんだようだ。「2人でセントラルパークを歩くシーンの撮影の時、公園に似顔絵描きの人がいて、有名人の似顔絵を飾ったりしていたんです。ピアースと”ここにあなたの絵ががあったらおもしろいですね”って話をしてたら、本当にあったんですよ!ピアースは買わなかったけど、買うべきだったかな!(笑)」

ニューヨークへの憧憬、やはり褪せぬ

『さよなら、僕のマンハッタン』からは、他にも「憧憬」と「共感」の狭間にあるようなフィーリングが得られるだろう。この「憧憬」には、その街並みを思い浮かべるだけでどうも高揚してしまうニューヨークの中にあってより深まる。劇中では、アッパー・イースト・サイドやロウワー・イースト・サイド、ソーホー、ブルックリンなど、ニューヨーク全土に渡るロケ地がめくるめく登場する。このニューヨークもまた、「古さ」と「新しさ」の狭間の景色が切り取られた。カラム・ターナー自身はイギリス・ロンドン出身だが、本作を経てニューヨークの感触に変化は。

「ニューヨークは本当に好きな街。これまで多くの時間をニューヨークで過ごして、家族って呼べる人たちもいて。今作では映画のマジックを感じました。自分の知っている人たちが見ている中で演技をするっていう経験もできましたし。今ではニューヨークは地元のように感じます。素敵な場所はいっぱいあるけど、グリーンポイントやダンボ、ブルックリンハイツは特に好きな場所ですね。」

さよなら、僕のマンハッタン
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

個性溢れるキャラクター なぜ共感的

一方、本作に「共感」をもたらすものは、登場するキャラクター全員が粒立ちした深い人物造形にあるのではないだろうか。出演者らには、それぞれが演じるキャラクターを表す書物が渡されたという。カラムはデイヴィッド・フォスター・ウォーレスのエッセイ「オン・テニス(原題)」を、ミミ役カーシーはパティ・スミス「ジャスト・キッズ」、イーサン役ブロスナンは「ザ・ニューヨーカー」の物語集、W.F.ジェラルド役ジェフはエッセイ「ザ・ニュー・アトラス・オブ・ニューヨーク(原題)」、ジョハンナ役ケイトは「アンナ・カレーニナ」を読み込み、役の性質を見付け、深めていった。こうして出来上がった生き生きとしたキャラクターを、カラムはまるでニューヨークに本当に暮らす友人を紹介するように語ってくれた。

鍵になるのは、出てくる人がみんな素敵だということですね。被害者もいなければ、悪い人もいない。とても人間的な登場人物で、共感できて、気持ちを寄せることができる。ピアース・ブロスナンが演じたイーサンもただ単に悪い人ということではなくて、生きる術を探している人。愛人のジョハンナがイーサンと不倫関係にあるのはシンシア演じるトーマスの母ジュディにも問題がある、って言いますよね。ジュディがイーサンの手をふりほどくシーンもある。何かがうまくいかない、一緒にいたい人といれない、したいことはあるけど、どうやってやったらよいか分からない、そんな気持ちを持ってトーマスは生きている。そういうのって共感できますよね。ミミは例外で唯一嘘をついていなくて、自分に正直なキャラクターですけれど。」

さよなら、僕のマンハッタン
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

カラム・ターナーは、トップモデルとして活躍しながら『グリーンルーム』(2015)でその名を知らしめた。『アサシンクリード』(2016)やNetflix「浮き草たち」(2016)で主演を務め、2018年11月公開の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ではエディ・レッドメイン演じる主人公ニュート・スキャマンダーの兄弟役を演じることも決定しており、今後が最も期待される俳優の一人だ。カラム自身もまた、「新進気鋭の若手俳優」と「大ブレイクの世界的スター」のちょうど狭間の位置に立っているのかもしれない。

(取材、文:中谷直登)

映画『さよなら、僕のマンハッタン』は2018年4月14日(土)よりロードショー。

『さよなら、僕のマンハッタン』公式サイト:http://www.longride.jp/olb-movie/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly