Menu
(0)

Search

ノーラン最新作『オッペンハイマー』初画像が到着、『TENET テネット』ケネス・ブラナーが出演決定

オッペンハイマー Oppenheimer
https://www.instagram.com/p/CaSmB-YF8dj/

クリストファー・ノーラン監督最新作『オッペンハイマー(原題:Oppenheimer)』より、主演キリアン・マーフィーが演じるロバート・オッペンハイマーの初画像が公開された。あわせて、ノーラン監督とは『TENET テネット』(2020)に続く連続タッグとして、ケネス・ブラナーの出演も判明している

『オッペンハイマー』の主人公は、“原爆の父”と呼ばれたアメリカの物理学者ロバート・オッペンハイマー。第二次世界大戦における原子爆弾の開発・製造計画「マンハッタン計画」を主導した人物として知られており、劇中では原爆開発から、のちに核兵器の国際管理の必要性を訴え、水素爆弾への抗議活動を行うに至るまでのオッペンハイマーの半生が綴られるという。

このたび公開されたのは、キリアン・マーフィー演じるロバート・オッペンハイマーの初画像。オッペンハイマーは帽子を目深に被り、タバコを加えているが、これは本作の原作書籍『オッペンハイマー「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇(上・下巻)』(PHP研究所)の表紙に写るオッペンハイマー本人を意識したものと思われる。

マーフィーのほか本作には、エミリー・ブラントやロバート・ダウニー・Jr.、マット・デイモンら豪華キャストが集結している。このたびこの面々に、『ダンケルク』(2017)や『TENET テネット』などで知られるケネス・ブラナーと『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)などのオールデン・エアエンライク、「ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル」(2005-2010)のデヴィッド・クラムホルツの3名が出演者として新たに加わることもわかった。ほか共演に、フローレンス・ピュー、ラミ・マレック、ジョシュ・ハートネット、デイン・デハーン、ジャック・クエイドが名を連ねている。

脚本はノーラン監督自らが執筆。製作スタッフには『TENET テネット』のチームが再集結し、撮影監督をホイテ・ヴァン・ホイテマ、編集をジェニファー・レイム、音楽をルドウィグ・ゴランソンが務める。2022年2月より撮影もスタートしている。

映画『オッペンハイマー(Oppenheimer)』は2023年7月21日に米国公開予定。

Source: Deadline,THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly