『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』アカデミー賞4部門ノミネート!巨匠ジョン・ウィリアムズ、51回目のオスカー登場

映画『スター・ウォーズ』シリーズの最新作、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が第90回アカデミー賞にて4部門にノミネートされた。映画芸術科学アカデミーによる公式発表ののち、同シリーズの米国公式SNSにて告知されている。

 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がノミネートされたのは、視覚効果賞音響編集賞録音賞作曲賞(ジョン・ウィリアムズ)の4部門。それぞれ対抗馬としては、以下の強力な作品群と作曲家たちが並んでいる。

  • 視覚効果賞:『ブレードランナー 2049』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『キングコング:髑髏島の巨神』『猿の惑星:聖戦記』
  • 音響編集賞、録音賞:『ベイビー・ドライバー』『ブレードランナー 2049』『ダンケルク』『シェイプ・オブ・ウォーター』
  • 作曲賞:『ダンケルク』(ハンス・ジマー)『ファントム・スレッド』(ジョニー・グリーンウッド)『シェイプ・オブ・ウォーター』(アレクサンドル・デスプラ)『スリー・ビルボード』(カーター・バーウェル)

筆者の私見ではあるが、視覚効果賞はいずれもすさまじいVFX技術で観客を虜にした作品ばかり、音響編集賞は音楽と映像の超絶技巧を全編にわたって見せつけた『ベイビー・ドライバー』や、3つの時間軸を巧みなサウンドデザインで繋いでみせた『ダンケルク』がライバルとあって、まったく予想がつかない状況だ。

巨匠ジョン・ウィリアムズ、51回目のノミネート

『スター・ウォーズ』シリーズの音楽を手がけてきた巨匠ジョン・ウィリアムズは、今回でなんと51回目のアカデミー賞ノミネートとなる。同じく音楽を担当した『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(3月30日公開)でのノミネートこそ逃したものの、その勢いや衰えるところを知らずというべきだろう。

 

ウィリアムズが初めてアカデミー賞へのノミネートを受けたのは、1967年『哀愁の花びら』。それから51年目の2018年に51回目のノミネートというわけで、平均すると1年に1回ノミネートされている計算になるわけだ(現実には1回に複数作品や複数部門でノミネートされた例がある)。
ちなみにオスカー獲得を果たしたのは、1971年『屋根の上のバイオリン弾き』(歌曲・編曲賞)、1975年『ジョーズ』(作曲賞)、1977年『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(作曲賞)、1982年『E.T.』(作曲賞)、1993年『シンドラーのリスト』(作曲賞)。果たして『最後のジェダイ』でシリーズ2度目の受賞となるか……?

なお、ウィリアムズは次回作『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』に登板する意志を示しているほか、スピンオフ作品『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)でもテーマ曲を手がけることが判明している。2018年2月で御年86歳、その活動からはまだまだ目が離せそうにない。

第90回アカデミー賞の授賞式は、2018年3月4日(米国時間)に開催される。

Source: https://www.vanityfair.com/hollywood/2018/01/john-williams-oscar-nomination-record
©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。