Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』アカデミー賞4部門ノミネート!巨匠ジョン・ウィリアムズ、51回目のオスカー登場

映画『スター・ウォーズ』シリーズの最新作、スター・ウォーズ/最後のジェダイが第90回アカデミー賞にて4部門にノミネートされた。映画芸術科学アカデミーによる公式発表ののち、同シリーズの米国公式SNSにて告知されている。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がノミネートされたのは、視覚効果賞音響編集賞録音賞作曲賞(ジョン・ウィリアムズ)の4部門。それぞれ対抗馬としては、以下の強力な作品群と作曲家たちが並んでいる。

  • 視覚効果賞:『ブレードランナー 2049』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『キングコング:髑髏島の巨神』『猿の惑星:聖戦記』
  • 音響編集賞、録音賞:『ベイビー・ドライバー』『ブレードランナー 2049』『ダンケルク』『シェイプ・オブ・ウォーター』
  • 作曲賞:『ダンケルク』(ハンス・ジマー)『ファントム・スレッド』(ジョニー・グリーンウッド)『シェイプ・オブ・ウォーター』(アレクサンドル・デスプラ)『スリー・ビルボード』(カーター・バーウェル)

筆者の私見ではあるが、視覚効果賞はいずれもすさまじいVFX技術で観客を虜にした作品ばかり、音響編集賞は音楽と映像の超絶技巧を全編にわたって見せつけた『ベイビー・ドライバー』や、3つの時間軸を巧みなサウンドデザインで繋いでみせた『ダンケルク』がライバルとあって、まったく予想がつかない状況だ。

巨匠ジョン・ウィリアムズ、51回目のノミネート

『スター・ウォーズ』シリーズの音楽を手がけてきた巨匠ジョン・ウィリアムズは、今回でなんと51回目のアカデミー賞ノミネートとなる。同じく音楽を担当した『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(3月30日公開)でのノミネートこそ逃したものの、その勢いや衰えるところを知らずというべきだろう。

ウィリアムズが初めてアカデミー賞へのノミネートを受けたのは、1967年『哀愁の花びら』。それから51年目の2018年に51回目のノミネートというわけで、平均すると1年に1回ノミネートされている計算になるわけだ(現実には1回に複数作品や複数部門でノミネートされた例がある)。
ちなみにオスカー獲得を果たしたのは、1971年『屋根の上のバイオリン弾き』(歌曲・編曲賞)、1975年『ジョーズ』(作曲賞)、1977年『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(作曲賞)、1982年『E.T.』(作曲賞)、1993年『シンドラーのリスト』(作曲賞)。果たして『最後のジェダイ』でシリーズ2度目の受賞となるか……?

なお、ウィリアムズは次回作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に登板する意志を示しているほか、スピンオフ作品『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)でもテーマ曲を手がけることが判明している。2018年2月で御年86歳、その活動からはまだまだ目が離せそうにない。

第90回アカデミー賞の授賞式は、2018年3月4日(米国時間)に開催される。

Source: https://www.vanityfair.com/hollywood/2018/01/john-williams-oscar-nomination-record
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly