Menu
(0)

Search

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ブラピの「もう一人の相棒」はワンちゃん ─ 仲むつまじい本編映像が到着

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピット主演、クエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』より、ピット演じるクリフ・ブースと“相棒”の二人暮らしをとらえた本編映像が到着した。実はクリフには、ディカプリオ演じるリック・ダルトンとは別の相棒がいるのだ…!


人気のピークを過ぎたテレビ俳優リック・ダルトンは、映画スターへの転身を目指して焦る毎日を送って。親友のスタントマンであるクリフ・ブースは、精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わない。パーフェクトな友情で結ばれた二人だが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。ある日、リックの隣家にロマン・ポランスキー監督と女優シャロン・テート夫妻が引っ越してくる。そして1969年8月9日、それぞれの人生を巻き込み、映画史を塗り替える“事件”が起こる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

公開された映像は、ピット演じるクリフ・ブースが暮らすトレーラーハウスでの一幕。リック・ダルトンの専属スタントマンを務めているクリフは、一日の仕事を終えると帰路につく。トレーラーハウスで待っていたのは愛犬・ブランディだ。

お腹を空かせて主人の帰りを待っていた“相棒”ブランディのため、クリフはさっそく晩ごはんの準備を開始。複数のドッグフードをドッグボウルに豪快にぶち込んだ“クリフ・スペシャル”を手際よく用意すると、尻尾を振って合図を待つブランディに“舌打ちひとつ”でゴーサイン。勢いよく食事に喰らいつく愛犬の様子を眺めるクリフからは、リックといる時とは違う一面が垣間見える。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ブラピと見事なコンビネーションを見せた俳優犬のブランディは、毎年、カンヌ国際映画祭にあわせて発表される「パルム・ドッグ」を本作で受賞。名だたる名優たちが勢ぞろいする本作にひそむ、隠れた名優犬なのだ。ちなみにブランディは雌犬で、タランティーノ監督も「彼女は素晴らしい女優」と演技を称えている。パルム・ドッグ賞の授賞式に参加できなかった彼女の代わりに、名誉ある首輪を受けとったのは監督だったそう。ディカプリオ演じるリック・ダルトンに次ぐ、タランティーノ監督も絶賛する“もう一匹の相棒”が、劇中でどんな活躍を見せるのかにも注目してほしい。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は2019年8月30日(金)より全国公開中

1969年のハリウッド、直前予習はこの記事で!

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly