Menu
(0)

Search

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』エクステンデッド・カット版が日本公開決定 ─ 11月15日から2週間限定、全国4館で上映

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピット主演、クエンティン・タランティーノ最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に4つのシーンを追加した“10分拡大版”が、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド/エクステンデッド・カット』 として、TOHOシネマズ シャンテほか全国4館のみで劇場公開されることが決定した。2019年11月15日(金)~28日(木)の2週間限定公開だ。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に新たな4つのシーンを含む約10分間の映像を追加した“エクステンデッド・カット版”は、2019年10月25日(現地時間)にアメリカ・カナダにて公開されるや、日本でも劇場公開を熱望する声が続出。タランティーノは本作について、編集段階でいくつものシーンをカットしたことを明かしており、どんなシーンが新たにお目見えするのか注目される。なお、上映劇場は以下の4館だ。


東京 TOHOシネマズ シャンテ
大阪 TOHOシネマズ 梅田/TOHOシネマズ なんば
名古屋 TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

本作は2019年8月30日(金)に日本公開され、2ヶ月経った現在もその勢いはとどまらず、2003年公開『キル・ビル』(最終興収25億円)に続いて、タランティーノ史上第2位の興行成績となる11億5,000万円を突破する大ヒットとなっている(10月30日現在)。なお、エクステンデッド・カット版の公開によって、日本での最終興収は12億円を超える見込みだ。

観るほどに60年代ハリウッドの世界に引き込まれ、新たな発見がある『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。タランティーノが泣く泣く削除した新たなシーンで、さらなる映画体験を味わってほしい。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は2019年8月30日(金)より大ヒット公開中

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly