Menu
(0)

Search

ジョン・シナ、『ザ・スーサイド・スクワッド』スピンオフで白ブリーフ再び ─ ジェームズ・ガン監督、サントラは「完全にグラム・メタル」

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結
(c)2021 WBEI TM&(c)DC

DC映画ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021)でピースメーカー役を演じたジョン・シナが、自身が主演を務めるスピンオフドラマ「ピースメイカー(原題:Peacemaker)」にて、再び白ブリーフ姿となって登場するという。米Colliderが報じた。

米テレビ批評家協会のプレスツアーに登場したシナとジェームズ・ガン監督は、ガン作品の特徴でもある“音楽”について語った。監督いわく、「ピースメーカー」のサウンドトラックは「『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)以来、最も作るのが楽しいサントラだった」とのこと。さまざまな影響を受けつつ、音楽面も楽しい仕上がりになっているようだ。

(サウンドトラックは)完全にグラム・メタル。80年代のグラム・メタルがたっぷりとありつつ、現代のスリーズ・ロックや、ヨーロッパ由来のグラム・メタルもたくさん。あまり知られていない最高のバンドがヨーロッパにもたくさんいますから。ただ、本当にまずいグラム・メタルもあります。だから、シリーズに特別な味わいを与えられる、特にいいものを見つけるのが楽しかったんです。シーズン1は丸ごとそんな感じですよ。」

『ザ・スーサイド・スクワッド』本編で何の脈絡もなく登場し、観客を笑わせたジョン・シナの白ブリーフ姿も、「ピースメーカー」では音楽に紐づく形で登場する模様。第1話には白ブリーフ姿でダンスするシーンがあり、シリーズの撮影初日にこの場面は撮られたという。

ちなみに、シナ本人は「踊りながらジェームズ・ガンとの関係について学んだことがふたつある」と述べている。「ひとつは、彼が白ブリーフの僕を大好きだということ。もうひとつは、常に僕を踊らせようとしていること。白ブリーフとダンスは、おそらく現状用意されている以上にたくさん出てくることになりそうです」。

ドラマ「ピースメイカー」は2022年に米国配信予定。米国ではHBO Maxの独占配信となる(海外情報は不明)。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly